プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 2007年本屋大賞ノミネート作発表 | Top | ハヅキさんのこと [川上弘美] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
スコーレNo.4 [宮下奈都]
4334925324スコーレNo.4
宮下 奈都
光文社 2007-01-20

アンソロジー「コイノカオリ」や「エソラ」で見かけてずっと気になっていた、宮下奈都さんの単行本がついに出ました!しかも書き下ろし長編です。うれしいです。装丁もステキで、うれしくなってしまいます。表紙も裏表紙も、じっくり見てしまいました。

スコーレっていうのは、 ギリシャ語でスクール(school)の語源だそうです。でもこの本で描かれているのは、いわゆる入学して卒業するあの「学校」だけじゃありません。何かを、学ぶ場所。ものごとを知る場所。それは家庭だったり、職場だったり。場所だけじゃありません、人から学ぶことだって、たくさんたくさんある。

この本は、そういう場所や人々を通じて成長していく、一人の女性の物語です。小さなときは、両親や家族や兄弟がその世界の全てだった少女が、だんだんに時を重ねるにつれて、広い世界で様々なことを知っていく。自分自身ですら気づいていなかった、「自分」を知っていく…。その過程が、落ち着いた静かなテンポで語られていきます。

主人公は、骨董品店の三人姉妹の長女として生まれた麻子。何かに「執着」するということ、何かを「愛す」ということ、強い気持ちで何かを「欲しい」と思うこと。それができないと思っている自分自身の、その頑なさや、抱えている寂しさ。「寂しい」という言葉を彼女が直接使うわけではないけれど、でも、なんとなく、こう、わかる気がするというか、染みてくるというか、麻子の感じている「気持ち」が伝わってきました。読んでいて、胸がしくしくしました。もうちょっと、自分を好きでいていいんだよ、そんなふうに思わなくていいんだよって、何度も思いました。

だから、この物語のこのラスト、とってもとっても、うれしかったです。私の心にも、何か新しいものが芽生えたみたいな気持ちになれました。笑顔になれました。正直、読んでいる最中に、自分がラストでこういう気持ちになるって予想をしていなかったので、びっくりしました、いい意味で。

「スコーレNo.4」、麻子にとってのそれは、何だったのかな。私にとってのそれは、何なのかな。そんなことに思いを馳せました。これからだって、きっとまだまだ…。

オススメです。
| ま行(その他) | comments(9) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
宮下さんの単行本!わたしもとっても嬉しかったです。
しかも期待以上に良い感じでした。
そしてラストがほんとうに良かったですよね。
わたしもかなり幸せな気分になりましたよー

「エソラ」でも宮下さんの作品が読めるのですね
ぜひ読んでみたいです〜
| kaori | 2007/02/17 4:21 PM |
kaoriさん、「エソラ」は図書館とかにもあったはず…
いろんな作家さんの話が読めておもしろいですよ〜!!!
オススメです♪
宮下さんの本は、もっともっと読みたい!
たくさん出して欲しいです。心から。
| chiekoa | 2007/02/19 1:08 PM |
これ本当によかったです!教えてくださってありがとうございます^^
最後はわたしも笑顔になりました。いい本だ〜〜。
これが初単行本とのことですが、もっともっと書いてわたしたちに読ませてもらいたいですね。またいい作家さんに出会えて幸せです!
| まみみ | 2007/03/06 9:18 AM |
まみみさん、いや、こちらこそ、ありがとうございました!
ほんともっともっともっと(以下続く)たくさん書いて欲しいです。
今までに出てる作品の短編集も出ないかなぁ…。
読み損ねてるのもあるので。
| chiekoa | 2007/03/07 4:10 PM |
私もこの本に出会えて良かったです。
ありがとうございました〜!

この作家さんは単行本は初めてなんですね。
短編集、出たら私も読みたいです。
この作家さんの感覚って素直で透明感があって、癒されますよね。
| chiro | 2007/03/19 9:09 AM |
chiroさん、そういっていただけてうれしいです、てへ!
(ってなんで私が?)
ほんと、もっと早く新刊を…たくさん…所望!所望!です。
| chiekoa | 2007/03/19 12:45 PM |
私もchikeoaさんのブログで見つけて、図書館に走りました。

「コイノカオリ」ですごくいいなって思ってたんだけど
他の短編は一度も読んでないです。
「エソラ」図書館にあるかな???
| なな | 2007/03/23 10:28 PM |
まぁ、ななさんも!普及活動わりと成功かしら…うれしいです。
「エソラ」はうちの近くの図書館にはありましたよ!
っていうか買えばよかったかなぁとかいまさら思ってます。
ところでVol.3はでないのかしら…。
| chiekoa | 2007/03/25 11:12 AM |
このラストよかったですよね!
麻子の中学生のころからの心を追ってきたからか、
ものすごくうれしかったです。
そうそう、私は確かchiekoaさんの日記を見て
読もうって思ったんです。
chiekoaさんの普及活動で確実に広がってます。
| | 2007/05/06 10:13 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
スコーレNo.4
どうしても忘れられないもの、 拘ってしまうもの、深く愛してしまうもの。 そういうものこそが扉になる―。 人生には、4つの小さな学校(スコーレ)がある。 家族、恋愛、仕事、そして― (オビより) コイノカオリで気になってた宮下奈都さんの初単行本。 期
| a bird shop | 2007/02/17 4:07 PM |
「スコーレNo.4」 宮下奈都
スコーレNo.4posted with 簡単リンクくん at 2007. 2.28宮下 奈都著光文社 (2007.1)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/06 9:18 AM |
「スコーレNo.4」宮下奈都
「スコーレNo.4」 宮下奈都 光文社 2007年1月25日 [勝手に評価:★★★★(5点満点)]
| Chiro-address | 2007/03/19 10:03 AM |
「スコーレNo.4」宮下奈都
スコーレNo.4 宮下 奈都 三人姉妹の長女として生まれた麻子・13歳。一つ年下で綺麗な七葉、まだ小学校一年生のお豆さんの紗英、古道具屋を経営する父と専業主婦の母、そして厳格な祖母と暮らしている。そんな麻子の中学生・高校生・大学生・社会人の物語。
| ナナメモ | 2007/03/23 10:28 PM |
「スコーレNo.4」宮下奈都
スコーレNo.4 アンソロジー「コイノカオリ」で「日をつなぐ」を読んでから、ずっと宮下さんの他の作品も読んでみたいと思っていました。だから、これはすごく楽しみにしていたのです。出だしは「日をつなぐ」の胸が苦しくなる感じを思いだして、あぁやっぱりこれは宮
| 本のある生活 | 2007/05/06 10:13 PM |