プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< シュガークッキーが凍えている [ジョアン・フルーク] | Top | シュミじゃないんだ [三浦しをん] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
最後のウィネベーゴ [コニー・ウィリス]
430962197X最後のウィネベーゴ
コニー・ウィリス 大森望編
河出書房新社 2006-12-08

図書館で、「あ、コニー・ウィリスの新刊だ!」と思って手にとったところ、こんな表紙がお出迎え。びっくり&びびってしまい、こっそり本棚に返そうとしたところ、このワンコが「まさかオレ様の本を読まねぇってことはないよな?!ああん?!」とおっしゃり、ひー!と思って裏返したら裏表紙のワンコがまた「この世界一ラブリーなオレ様の本だぜ?きゃわん!」とおっしゃったので、読むことにしました。

…って冗談ですけど、松尾たいこさんですけど、いい意味で、すごいです。

気を取り直して、えーと、コニー・ウィリスの短編集です。収録されているのは「女王様でも」「タイムアウト」「スパイス・ポグロム」「最後のウィネベーゴ」の4作品です。

「女王様でも」
娘が「サイクリスト」になると言い出した。それについてどうしても一言ある親族が繰り広げるどたばたは…。

これは最初読み始めたとき、いったい何のことなのやら「???」だったのですが、それがわかったところで「!!!」となりました。うまい〜!!私が感じたのと同じ読んでびっくりを味わってほしいので、ネタバレはしませんが、さすがだなぁ、と。

「タイムアウト」
タイムトラベルの新理論、「現在子」の研究に協力することになったルジェーン。この計画の正体は?集められた人々はいったい…?

あとがきで大森さんが書いていらっしゃる「最大の特徴は、一見まったくSFとは思えないその書きっぷり。なにしろ小説の九十五パーセントは主婦のよろめきドラマと区別がつかないのである。」に深く納得。しかし、実はオチがよくわからなかったわたしです。えーと…で、えー…んが?どうも「時間モノ」は私の脳みそではついてゆけないらしい…。最後のセリフとかも、きっと効いてるんだと思うんですけど、よくわからず。そんな自分がにくい。

「スパイス・ポグロム」
「スペースプログラム」を巡って、エイリアンたちと交渉中の地球。婚約者からエイリアンを自宅で世話するように頼まれたクリスは…。

これスキです!こういうのスキです!ロマンチックなドタバタ劇。やたらと「日本」な小道具や名前が出てくるのは、もともとがそうなのでしょうか?大森さんのサービス?いや、さすがにそれはないか…。スピルバーグさん、これを映像化してくれないでしょうか(笑)。

「最後のウィネベーゴ」
取材先に車で向かう途中、道端でひき逃げされた動物の死体を発見したマコーム。このとき彼がとった行動がやがて…。

舞台はまた大森さんの言葉をお借りすると「終末に向かってゆっくりと坂を下りはじめている(いまの現実と地続きの)世界」。読み始めた最初の頃は、何が「いま」と違うのかわからないくらい、現実に近い、でも何かが違う世界で、読み進めて行くうちに、それがなんだかわかってくる、その過程すら見事でした。こういう「なんだかわからない違和感」が邪魔をして物語に没頭できない作品も多いのですが、これは違いました。そしてこの物語は…私は泣きました。356ページの、まさにそのセリフで。名作です。読み終わってから、もう一度表紙を見たら、彼らが私に語りかけてくることは、最初と全然違いました。誤解してて、ごめんね…。

というわけで、4編、それぞれが全く違うタイプで、でもそれぞれに傑作でした。私はもちろんコニー・ウィリスといえば「めちゃめちゃ長い小説ばっかり書いてる人」だと思いこんでいたクチなので、そういう意味でも新鮮でした。長かろうが、短かろうが、中くらいだろうが、すばらしいものはすばらしいのでした。

ちなみにこれは河出書房新社から出ている「奇想コレクション」の一冊ですが、このシリーズ、全部表紙が松尾さんです。いいなぁ。
| 海外作品(コニー・ウィリス) | comments(6) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
読まれましたね。よく頑張りました(おい)、私も読まなければ。
どうやら絶賛のようで楽しみです。
表紙、ベルカのかわいいバージョンですね。奇想コレクションは全部装丁がかわいくて、惹かれますね。
| ざれこ | 2007/01/29 12:47 AM |
ざれこさん…が、がんばりました!(?)
ベルカのかわいいバージョン…いや、よく見るとかわいくないです、やっぱりこわいです(笑)。でも読む価値ありの一冊ですよ。あ、ざれこさん犬飼ってるんですから、ぜひ!
そうだ、書くの忘れた。犬買ってる人は必読なのです。この本。
| chiekoa | 2007/01/29 1:13 PM |
chiekoaさん
続けざまに、二件もすいません(汗)。
こちらも、読みました。で、記事は、今UPです。
表題の「最後のウィ、、」は、
ほんとうに静かな感動でしたね、、。
 カメラマンの過去のフラッシュバックが、地の文でそのまま
書いてあり、最初混乱しましたが、
これが、逆に(フラッシュバックとして)凄い効果をあげていて
おそれいっています。
| indi-book | 2007/03/08 12:59 AM |
indi-bookさん、ああいう地の文の書き方、わざとですよね。私もやられた!と思いました。すごいなぁ…。こういう翻訳モノを普段敬遠しがちな私なのですが、読むといつも「なんで敬遠してたんだろう!」って思います。なかなかそこから脱却できないんですけどね…。
| chiekoa | 2007/03/08 12:31 PM |
私も「スパイス・ポグロム」が映画化されるのを待ちたい派です(笑)。
そして、ぜひ監督はスピルバーグ氏に(爆)。

地の文で行ったりきたりは私もかなり苦労しました。
でも、わざとそうしたことで、ラストの感動が最大限に引き出されてますよね〜。
こういうタイプは初めて読みました。

chiekoaさんが犬に脅された気持ち、わかります(笑)。
| chiro | 2007/03/16 9:48 PM |
chiroさん、でっすよねー!ぜひスピルバーグですよねー!
見たい…見たいです…!

とっつきにくいですけど、読んで正解!と思いました。こういう本、まだ巷にたくさんあるんだろうなぁ…あぁ、時間が足りないです!
| chiekoa | 2007/03/19 12:37 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/01/26 5:14 PM |
最後のウィネベーゴ
コニー・ウィリス, 大森望編 最後のウィネベーゴ 「最後のウィネベーゴ」 コニー・ウィリス・著/大森望・訳&編 河出書房新社・出版/奇想シリーズ 『今回は、犬も勘定に入れないといけません』  ちょっと変わったSFを独自の編集で日本オリジナルバージョンで
| 個人的読書 | 2007/03/08 12:52 AM |
「最後のウィネベーゴ」コニー・ウィリス
「最後のウィネベーゴ」 コニー・ウィリス 著 大森望 編訳 河出書房新社 2006年12月20日 [勝手に評価:★★★★★(5点満点)]
| Chiro-address | 2007/03/16 10:27 PM |
「最後のウィネベーゴ」コニー・ウイリス/大森望訳
最後のウィネベーゴ発売元: 河出書房新社価格: ¥ 1,995発売日: 2006/12/08売上ランキング: 31047おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/03/15 最近SFをよく読むようになった。SFって、作品世界に入り込むのに時間がかかる。 その世界は現実世界と少し違う
| 本を読む女。改訂版 | 2007/03/18 4:28 PM |
コニー・ウィリス『最後のウィネベーゴ』○
 アメリカSF界の女王コニー・ウィリスの作品集。表題作ほか収録4篇でヒューゴー賞...
| 駄犬堂書店 : Weblog | 2007/03/31 4:30 PM |