プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< スロウハイツの神様(下) [辻村深月] | Top | 九杯目には早すぎる [蒼井上鷹] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
チエちゃんと私 [よしもとばなな]
4860520629チエちゃんと私
よしもと ばなな 原 マスミ
ロッキング・オン 2007-01-30

年下の従姉妹「チエちゃん」との同居生活。もう6年にもなるその奇妙な暮らしの中で見つけたものは…。家族とは?仕事とは?愛情とは?お金とは?欲望とは?そして自分らしく生きるということは?人生のときめきを紡ぎ出すための、「再生」の物語―。

相変わらずばななさんの本の感想はうまく言葉にできない私なのですが、この本を読んで一番思ったのは「私はこんなふうに「人と人の距離」を、心の底からじっくりと、本気で、一生懸命考えたことがあっただろうか?「自分が生きていくその方法」を、こんなに真摯に考えたことがあっただろうか?」ということでした。

最後の一ページ、その力のある言葉、圧倒的でした。自分の人生を生きていくっていうのは、あたりまえだけれど他の誰でもなくて自分がすることなんだな。自分がそれをちゃんとわかってれば、それでいいんだな。45歳になったときに、こういうふうに、胸を張って言える自分でありたいと心から思いました。
| や行(よしもとばなな) | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
主人公の年齢が高めだったので、
ちょっと先のことを考えつつ読みました。
最後の文章は心に響きましたねー
| kaori | 2007/02/07 12:11 PM |
そうですね、実際のばななさんの年齢に近いってことなのかな…。こうやって読ませてもらえることが至福です…。最後のあのページはがつんときました!!
| chiekoa | 2007/02/08 4:56 PM |
よしもとさんの本ってググっときますよね。
普段、さらりと流しちゃっているところにキチンと注目しているというのか…
| なな | 2007/03/05 9:41 PM |
ななさん、そうなんですよー。
あぁ、そうだった、そうなんだったって、いつも思います。
今はいろいろ昔の本を遡って再読してみたり…あは。
| chiekoa | 2007/03/07 4:03 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
チエちゃんと私
出版社 / 著者からの内容紹介 きれいな時間、 静かすぎて少し悲しい 突然おとずれた従姉妹との同居生活。 その奇妙な暮らしの中で見つけたものは……。 家族とは? 仕事とは? 愛情とは? お金とは? 欲望とは? そして自分らしく生きるということは? 人生
| a bird shop | 2007/02/07 11:59 AM |
「チエちゃんとわたし」よしもとばなな
チエちゃんと私 よしもと ばなな 知り合いとの食事中にチエちゃんから「交通事故にあった」と電話が入る。幸い何事もなく1日入院するだけで住んだが、チエちゃんが私にとって大切な人なんだって再確認する。 オーストラリアで母親とヒッピーのような生活をして
| ナナメモ | 2007/03/05 9:37 PM |
よしもと ばなな『チエちゃんと私』
いとこのチエちゃんと暮らすことを、チエちゃんのお母さんのお葬式の日に決めた主人公のカオリさん。二人ともそれなりの年齢で世間的には『オバサン』だけど互いに思いやりながら暮らす穏やかな生活が始まる。静かだけれど確かな生活の流れを平明な筆致で描いてみせるこ
| 日々のことわり | 2007/03/07 10:20 PM |