プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< チエちゃんと私 [よしもとばなな] | Top | 私のスフレ [林真理子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
九杯目には早すぎる [蒼井上鷹]
457500748X九杯目には早すぎる
蒼井 上鷹
双葉社 2005-11

第26回小説推理新人賞受賞作「キリング・タイム」を始め、第58回日本推理作家協会賞・短編部門の候補作に選ばれた「大松鮨の奇妙な客」他、「においます?」「私はこうしてデビューした」「清潔で明るい食卓」「タン・バタン!」「最後のメッセージ」「見えない線」「九杯目には早すぎる」を収録した短編集。

初読みの作家さんだったのですが…いやぁ、びっくりしました(笑)。ブラックなんてもんじゃないじゃないですか!「ひー!そうくるのか!」と。見開き1ページでおさまっちゃうくらいの短いものから、なかなか読みでのあるものまで、バラエティ豊かな短編集なのですが(すいません、オチがわからないのもあったんですけど…)、基本はどれもブラック。とってもブラック。

でも…読んでると全然そんな空気じゃないんですよね。ユーモラスで、すっとぼけたゆるーい感じ。それなのにものすごくブラック。もうブラックもブラック。すごいバランス感覚だなぁと。感心してしまいました。

まさに「キリング・タイム」にはうってつけの一冊でした!
| あ行(蒼井上鷹) | comments(5) | trackbacks(7) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
すごいですよね〜蒼井さん。
どうしてこんなストーリーとトリックを思いつくのだろうと思いました。
最近3冊目が刊行されたらしいので、読んでみようと思ってます。
| 苗坊 | 2007/02/01 6:09 PM |
黒いですよねっ。真っ黒ですよ。
それでもなんだか気になる作家さんなのですー。
きっとご本人が楽しんで描かれてる気がするから…かも。
最新作も真っ黒でした(笑)。
| まみみ | 2007/02/01 7:48 PM |
苗坊さん、これでデビュー作なんですもんねぇ。
おもしろいわ…。次を読むのが楽しみです!

まみみさん、真っ黒!真っ黒ですか!!
早くたどり着かねば…。
最新作って、ミステリフロンティアのやつかしら?!
| chiekoa | 2007/02/02 5:57 PM |
ブラックなんだけど最後にニヤリとしちゃう。
この手の物語もたまにはいいですよね。
とは言え、次急がなきゃ。
頭の中の消しゴムが活躍する前にね。
| なな | 2007/03/12 9:24 PM |
ななさん、頭の中の消しゴムって…!(爆笑)
私の中のそれはかなりの大活躍。
昨日のご飯はなんだっけ…あれ?
| chiekoa | 2007/03/13 12:43 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
九杯目には早すぎる 蒼井上鷹
九杯目には早すぎる オススメ! 休日に上司と遭遇、無理やりに酒を付き合わされていたら、上司にも自分にもまるで予期せぬ事態が― 第26回小説推理新人賞受賞作『キリング・タイム』を始め、第58回日本推理作家協会賞・短編部門の候補作に選ばれた『大松鮨の奇妙
| 苗坊の読書日記 | 2007/02/01 6:08 PM |
「九杯目には早すぎる」 蒼井上鷹
九杯目には早すぎるposted with 簡単リンクくん at 2006. 5. 9蒼井 上鷹著双葉社 (2005.11)通常2-3日以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/02/01 7:47 PM |
『九杯目には早すぎる』蒼井上鷹
九杯目には早すぎる蒼井 上鷹双葉社2005-11by G-Tools 休日に上司と遭遇、無理やりに酒を付き合わされていたら、上司にも自分にもまるで予期せぬ事態が―第26回小説推理新人賞受賞作『キリング・タイム』を始め、第58回日本推理作家協会賞・短編部門の候補作に選ばれた
| ひなたでゆるり | 2007/02/04 9:28 PM |
読了後にお薦めしたくなった本
九杯目には早すぎる蒼井 上鷹 (2005/11)双葉社 この商品の詳細を見る 第26回小説推理新人賞の『キリング・タイム』を含めた、 短編・ショートショートを集めたミステリィ集です。 めっちゃブラックですが面白かったで
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/02/07 6:03 PM |
「九杯目には早すぎる」蒼井上鷹
九杯目には早すぎる 蒼井 上鷹 「大松鮨の奇妙な客」「においます?」「私はこうしてデビューした」「清潔で明るい食卓」「タン・バタン」「最後のメッセージ」「見えない線」「九杯目には早すぎる」「キリング・タイム」の短編、ショートショートの9編。
| ナナメモ | 2007/03/12 9:22 PM |
蒼井上鷹『九杯目には早すぎる』(双葉ノベルス)
蒼井上鷹『九杯目には早すぎる』を読んだ。 先に『二枚舌は極楽へ行く』を読んでいたから、いきなりこのデビュー作に当たった人に比べれば耐性ができていたかもしれない。にも関わらず、やっぱり面白かった。面白いというか苦かった。これほど健気な小市民がドツボに嵌
| 書評風 - 読んだら軒並みブックレビュー | 2007/04/27 1:14 AM |
小説が気になったぞ
小説は多くの場合1人で執筆するものだが、2人以上が共同で小説を著す場合がある。エラリー・クイーン、岡嶋二人などが代表例である。推理小説の場合には、どちらかが主にトリックのアイデアを出すなどして分業していることもある。また、すでに名の売れた作家が2人以上
| 小説が気になったぞ | 2007/05/09 8:57 PM |