プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 槇原敬之の本。 | Top | イタリア幻想曲 貴賓室の怪人2 [内田康夫] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
殺人者志願 [岡嶋二人]
4062649039殺人者志願
岡嶋 二人
講談社 2000-06


昨日から読んでいる本。だいぶ前に購入して、一度は読んでいるはずなのに、ぜんぜん覚えておらず、大変楽しく、わくわくしながら読み進めています。一粒で二度おいしい。いや、もしかしたら何度でもおいしい。お得です。(頭悪いな、わたし…。)

岡嶋二人さんの本は大好きで、ほとんど読んでいます。コンビ復活してくれないかなぁ…。
| あ行(その他) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
岡嶋二人「殺人者志願」(講談社文庫)
 岡嶋二人「殺人者志願」(講談社文庫)を読了。同じ作者の「99%の誘拐」と比べると、作品の出来に大きな疑問符が付く。
| 本の虫 | 2007/02/07 12:03 PM |