プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 小さい“つ”が消えた日 [ステファノ・フォン・ロー] | Top | 薄闇シルエット [角田光代] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
うそうそ [畠中恵]
4104507059うそうそ
畠中 恵
新潮社 2006-05-30

日本橋の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいた。その上、病だけでは足りず頭に怪我まで負ったため、主に大甘の二人の手代、兄・松之助と箱根へ湯治に行くことに!初めての旅に張り切る若だんなだったが、誘拐事件、天狗の襲撃、謎の少女の出現と、旅の雲行きはどんどん怪しくなっていき…。

「しゃばけ」シリーズ第五弾です。あぁ、「うそうそ」ってそういう意味だったんですね〜。わたし「えー?ホント?」「うそうそ!」の方かと思ってました。てへ。

ここのところ短編集が続いていたこのシリーズ、やっぱり長編もいいですね!ぐいぐい引き込まれて、あっという間に読み終わりました。

おもしろくてワクワクしてどきどきして、でもちょっと切なくなって。ただ楽しいだけじゃなくて、こういう風に、登場人物たちの抱える心の痛みがちらりちらりと見えるのが、それがとても苦しいのが、でもこのシリーズの魅力でもあります。薄っぺらじゃないなって、思わせてくれるところであります。表に見える何かが全てじゃなくて、みんなそれぞれにがんばってるんだ!って。どんなことも、自分のことは結局は自分でなんとかするしかないんだって。なんか当たり前のことですけど、でもあらためてしみじみ思いました。うん。がんばろう。

「しゃばけシリーズ」読了分リスト
しゃばけ
ぬしさまへ
ねこのばば
おまけのこ
・うそうそ
| は行(畠中恵) | comments(9) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
今回はなんだか物凄い旅になっていますね。
健康な人でも音を上げそうなのに
若だんなはよく持ち堪えました。

>表に見える何かが全てじゃなくて、みんなそれぞれにがんばってるんだ!って。どんなことも、自分のことは結局は自分でなんとかするしかないんだって

一太郎も、そのことを改めて思った様子でしたね。
| ふらっと | 2007/02/07 8:56 PM |
体が丈夫じゃなくても思いやりを忘れない若だんなの孤軍奮闘。
そして若だんなを慕い、支える妖怪たち。
読み終えて心が和み、とてもすがすがしい気持ちになれました。

おすすめありがとうございました。楽しい読書ができました。
もしかして鳴家が見えたりします?(笑)。
| 藍色 | 2007/02/08 1:36 AM |
ふらっとさん、えらいこっちゃな旅でしたね〜。
湯治に来たのに…彼の中で「これが湯治」になっちゃったらどうしよう!ちがうの!ちがうのよ〜!!(笑)

藍色さん、そうなんですよ〜、あぁ読書って楽しい!って、いつも思わせてくれる本なんです!鳴家は…見えるよう今修業中です。むむむーん!
| chiekoa | 2007/02/08 5:00 PM |
ついに長い戦いに終止符が打たれたんですね(笑)それとも結局自力で買ったんでしょうか?(笑)短編集も良いけど、長編も良いですよね。一太郎って、本当に良い人ですよね。自分のことだけでいっぱいになってしまいそうなのに、そうはならず、周りへの気配りも忘れない。本当に10代なのでしょうか・・・。
| ツヨシ | 2007/02/08 5:15 PM |
ツヨシさん、いや、戦いに疲れ、自分で買いました(笑)。
もっと早く買えばよかったです〜…!!
そういえば、まだ若いのにほんとにリッパですよね、若だんな…。昔の人の方が大人になるのが早かったんだって言ってしまえばそれまでですけど、でもそれだけじゃなくて、こう、彼の資質がそうさせるのだなぁと、ずーっと年上の私も見習わないとなぁと素直に思います。
| chiekoa | 2007/02/08 5:38 PM |
chiecoaさん、はじめましてo(^-^)o
昨日はトラックバックだけ先にしちゃって失礼しましたm(_ _)m

わたしもこのシリーズ、文庫になっているねこのばばまでしか読んでいないのですが、大好きです☆
絵本の『みぃつけた』は購入しましたが、大好きな鳴家が大活躍の大満足でした(笑)
結構わたしと同じ作家さんの本を読まれているようなので、またお邪魔させてくださいo(^-^)o ではでは☆
| プリン | 2007/02/08 7:38 PM |
あぁ、結局自分で買われたんですね・・・長い戦い、お疲れ様でした(笑)
両方なんだと思います。時代のせいで、早く大人にならなければならなかった、そして、元からの資質も。自分の十代の頃を思い出すと・・・一太郎が偉大に見えてきます。
| ツヨシ | 2007/02/09 1:39 PM |
このシリーズ大好きです。
でもまだ、「ぬしさまへ」までしか読了してない…。
早く続きを読みたいな。
| おっこ | 2007/02/11 5:27 PM |
おっこさん、こんにちは!ほんと大好き!って感じですよね!
続き、読んでください、読んでください、読んじゃってくださーい!
| chiekoa | 2007/02/13 12:34 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
うそうそ*畠中恵
☆☆☆☆・ うそうそ畠中 恵 (2006/05/30)新潮社 この商品の詳細を見る 日本橋の大店の若だんな・一太郎は、摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいた。その上、病だけでは足りず頭に怪我まで負ったため、主
| +++ こんな一冊 +++ | 2007/02/07 8:51 PM |
うそうそ 畠中恵
装画・挿画は柴田ゆう。 2001年「しゃばけ」で第13回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞デビュー。しゃばけシリーズ「ぬしさまへ」「ねこのばば」「おまけのこ」。ほかに「ゆめつげ」「とっても不幸な幸運
| 粋な提案 | 2007/02/08 1:36 AM |
『うそうそ』畠中恵
シェアブログ1152に投稿 ななななんと!!あの若だんなが箱根まで湯治へ行くことに。 初めてお江戸を離れる今回のお話に、私までもが興奮気味でございます。 そんな若だんなの、一筋縄ではいかない旅模様と、 明日を、己を
| 道草読書のススメ | 2007/02/10 4:49 PM |