プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< うそうそ [畠中恵] | Top | 100万分の1の恋人 [榊邦彦] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
薄闇シルエット [角田光代]
4048737384薄闇シルエット
角田 光代
角川書店 2006-12
livedoor BOOKSで購入
書評データ

下北沢で古着屋を友人と共同経営しているハナ。ある日、恋人から「結婚してやる」と言われ、小さな違和感を感じる。「どうして、この人は『私が結婚を喜んでいる』と思って疑わないんだろう…」―違和感は日に日に大きくなり、ハナは恋愛と仕事について模索していくことになるのだが…。

なんなんだ!と思いました。この主人公は三十七歳で、私とは歳も仕事も考え方も立場もやりたいことも、なにもかも違くて、でもそれなのに、彼女の言うことも考えることも恐ろしいくらいに「リアル」で、まるで自分が考えてることみたいに思えて、全然違うのにどうして、どうして、どうして!、読んでいて、あまりのことに気分が悪くなってくるくらいでした。泣くかと思いました。(これ、誉めてます、私)。

ほんとに、全然違うんです。今の私は「結婚しよう」って言われたらそりゃもう大喜びで天にも昇る気持ちになるに決まってるのに、でも、そうならない彼女のこの態度も気持ちもわかるんです。「なんかつまんねえや」ってなって、あれ?なんでわたしこんな気持ちになるんだろう?って、その気持ちが、ものすごくわかるんです。なんででしょう?なんでこんなにわかるんでしょう?いやになってきました。(くどいようですが、誉めてます、大絶賛です)。この「圧倒的」さは、まさに圧倒的です。

よくできたお話とかではありません。めでたしめでたしとか、そういうのでもありません。心にぐさぐさぐさぐさ、これでもかこれでもかってくらいに突き刺さる、そんなお話です。ラストのハナはよしがんばるぞ!って前向きだけど、きっとこの先また沈む日もきて、でも、また顔をあげてがんばろうって思うんだろうな。あぁ人生ってきっとこういうことの連続だって、そういうもんだーって、でもそうやって人は自分で自分の人生を生きていくんだなぁって、いやんなるけどそうしかできないんだなぁって、なんか心からそう思いました。ぐったりしてしまうくらいの、名作です。

今はまだ何も掴み取っていないけれど、いつか、それが60歳になってからでも、何か一つ手に残ればいいって、私はまだ思えないけれど、(60歳になってからじゃ手に入れられないものが欲しいから…)でも、このハナの気持ちを、大丈夫、まだまだがんばれるって思えたときの気持ちを、忘れたくはないなと思います。
| か行(角田光代) | comments(8) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
はじめまして。
「本が好き!」PJからやって来ました。
chiekoaさんのレビューより「ネタバレ」なのに、「ネタバレ」表示していないことに少し動揺している“ぐら”と申します。

>私とは歳も仕事も考え方も立場もやりたいことも、なにもかも違くて、でもそれなのに、彼女の言うことも考えることも恐ろしいくらいに「リアル」で、まるで自分が考えてることみたいに思えて、全然違うのにどうして、どうして、どうして!、読んでいて、あまりのことに気分が悪くなってくるくらいでした。

分かります。なんか怖いぐらいですよね。私にはこの小説、痛かった・・・。
けれど、読み終わった後は、「自分は自分のペースで歩めばいいじゃないか」と、素直に思えました。
| ぐら | 2007/02/08 7:43 PM |
私も、何もかも違うのに、
共感したり理解できたりする部分が多かったです。
ハナがきちんと自分に向き合っていたエンディングが、
すごく良かったですね。
| 藍色 | 2007/02/09 12:44 AM |
ぐらさん、こんにちわー!遊びに来てくださってありがとうございます!そう、なんかもう痛いなんて言葉じゃ伝えきれないくらいに痛かったです。あいたたたたたたた(以下無限ループ)、くらいの…。なんでこんなに立場の違う私が痛いんだ?!と思いましたが、それが角田さんのすごさだと思います。読んでよかったです!

藍色さん、ほんと、なんで共感できちゃう、しちゃうんでしょうね。不思議です。こういう感覚は、他の作家さんの本を読んでいるときにこんなに強く感じることないので…。ううむ、角田マジック!
| chiekoa | 2007/02/09 4:55 PM |
chiekoaさん、こんにちは!
私もこの小説、すごく良かったんです。
chiekoaさんと同じに、自分とは全然年齢とか他、違うのにもかかわらず、自分かな?って思っちゃったりして・・・。

PS 私が語りはじめた彼は [三浦しをん] 読みました!
ほんとだ・・・。ニシノユキヒコと、雰囲気が似てました!(本人を描かず、回りの人を書いているところ) 面白かったです。
| latifa | 2007/02/12 10:45 AM |
latifaさん、ほんと、角田さんてこういうの書かせたらもう絶品…。女には痛い痛い痛い痛い痛いでございます。男の人はどう思うんでしょうね?

あ、しをんさんも読まれたんですね〜。私としをんさんの出会いの一冊…あのころと、今と、だいぶ印象が変わりました(笑)。
| chiekoa | 2007/02/13 12:35 PM |
こんにちは!

痛い系ですよね,この作品も。こ〜なんか心にずきずき,ざくざくくるかんじ.
chiekoさんの「なんなの,なぜわかるのーー!」って動揺ぶりもわかります.
特に同世代(まだ同世代か?)の女性にとって角田さんの作品は
思いがけないところで心にくるものが大きかったりするので
要チェックって感じしょうか.

角田さんてほんとに女性の心をえぐるのが上手ですよね.
私はこの作家が大好きでしょうがないんです(笑)

| まみ | 2007/02/16 1:37 PM |
まみさん、そうなんです、激しく動揺したんです…。
私も大好きでしょうがありません(笑)。
あと最近通勤途中の地下鉄の駅に、でかでかと雑誌の「FRAU」のポスターが貼ってあるのですが、それの角田さんがかわいくてうれしくなってしまいます。あぁ、こんなにかわいらしい方がこんなにすごい本を…。

…ここで見られます。→ http://www.joseishi.net/frau/
| chiekoa | 2007/02/16 6:20 PM |

chiekoaさん(今まで名前間違っててごめんなさい!)
角田さんの情報どうもです♪
早速みてみました。
いつみても少女のようだ。。(すごく褒めてます)
角田さんはネットで見れるインタビューもすごく多いですよね。
| まみ | 2007/02/17 11:21 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『薄闇シルエット』 角田光代
失ったもの、手に入れたもの ★★★★☆ 古着屋を経営していているハナは、37歳の独身女性。 仕事もプライベートも順調で、自分の人生にそれなりに満足していた彼女だったが、周囲の人間が自分とは違う道を歩もうとす
| 本虫のふん | 2007/02/08 7:28 PM |
薄闇シルエット 角田光代
装画は網中いづる。装丁は鈴木久美(角川書店装丁室)。 「野性時代」2004年5月号から2006年6月号まで不定期掲載。 主人公で語り手のハナは独身で、大学時代からの友だちのチサトと下北沢で古着屋チェルシーを共同経営
| 粋な提案 | 2007/02/09 12:46 AM |
『薄闇シルエット』角田光代
シェアブログ1152に投稿 雑誌などで、活躍している人の記事を見ると年齢を確認してしまう… 今の自分にそれなりに満足しつつも、 自分の選ばなかった自分の人生にあれこれ空想を巡らせてしまう… そんな妙齢にさしかか
| 道草読書のススメ | 2007/02/10 4:48 PM |
「薄闇シルエット」凄く共感、良かった 角田光代
一気に書かれた小説か?と思いきや、2004年5月に書かれた「ホームメイドケーキ」から、最終章の「空に星、窓に灯」2006年6月まで、2年間の間に、ちょこちょこと7章、発表され、お話続いていたのですね。
| ポコアポコヤ | 2007/02/12 10:41 AM |