プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 図書館危機 [有川浩] | Top | エンドコール メッセージ [山之内正文] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
その街の今は [柴崎友香]
4103018313その街の今は
柴崎 友香
新潮社 2006-09-28

務めていた会社が倒産し、カフェでアルバイトをしているウタは二十八歳。昔の大阪の写真を見るのが好きな彼女の、このところの日々は…。

舞台は大阪の街です。私にはどこがどこやらさっぱりわかりませんが、(しょんぼり)、わかる人が読んだらすばらしさ倍増なんじゃないでしょうか…。目の前にどんどん景色が展開するんじゃないでしょうか…。いいなぁ、うらやましいです。

そして登場人物たちが口にするのは、「大阪弁」です。私が読みながら頭の中でしてる発音は、きっと本場の人に聞かれたら叩かれちゃうんだわ…、とまたしょんぼり。もっともっと味わいたいんです、この物語を。だからちょっと、悔しい。

とり立ててすごい出来事が起こるとか、そういうわけじゃないこの物語。主人公であるウタと、彼女の友達と、新しく知り合う人々と…、その日常が、淡々と静かに流れていく感じ。でも…読んでいる間の、この感覚はなんというのでしょうか。きらいじゃないです、この感じ。
| さ行(柴崎友香) | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ほんと何も起こらないけど、読ませるんですよね!
不思議な作家ですね。
| しんちゃん | 2007/02/13 4:54 PM |
しんちゃんさん、まさにそんな感じです!
今、最新作を予約中なのですが、それもとっても楽しみ…。
昔はこういう「何も起こらない」系、苦手だったんですけどねぇ。
| chiekoa | 2007/02/14 1:51 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
柴崎友香の「その街の今は」を読む!
先月16日、「芸術選奨に作家の川上弘美さん、歌手の森山良子さんら」というタイトルで、文化庁が2006年度の芸術選奨文部科学大臣賞と同新人賞の受賞者を発表したことを、新聞が報じていました。そこで僕が興味を持ったのは、文学部門の文部科学大臣新人賞に選ばれた柴
| とんとん・にっき | 2007/04/05 4:41 PM |
「その街の今は」柴崎友香
その街の今は発売元: 新潮社価格: ¥ 1,260発売日: 2006/09/28売上ランキング: 73097おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/04/04 会社が倒産し、心斎橋界隈のカフェでバイトする28歳の歌ちゃん。 友達と行った初めての合コンで覇気のない男達と過ごしてキ
| 本を読む女。改訂版 | 2007/04/09 11:10 PM |