プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< エンドコール メッセージ [山之内正文] | Top | 一流シェフのとっておき 贈るショコラ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
神無き月十番目の夜 [飯嶋和一]
4094033149神無き月十番目の夜
飯嶋 和一
小学館 2005-12-06

慶長七年陰暦十月、常陸国北限、小生瀬の地に派遣された大藤嘉衛門は、野戦場の臭気が辺りに漂う中、百軒余りの家々から三百名以上の住民が消えるという奇怪な光景を目の当たりにする。さらに、嘉衛門は地元の者が「カノハタ」と呼ぶ土地に通ずる急峻な山道で、烏や野犬に食い荒らされるおびただしい死体を発見した。いったいこの地で何が起きたのか?

うーーーー。く、苦しかったです。この読書は、ほんとうに苦しかった。

最初から、結末はわかっているのです。起こったことはわかっていて、それが、どうしてこんなことになってしまったのか?それを描いた物語です。だから、だからこそ読んでいて苦しかった。最後の姿を、最初から知ってしまっているから。だから。

全ての歯車が悪いほうへ悪いほうへ回っていく。どうしてもそれだけは避けたかった結末に向けて、事態が進んでいく。あぁ、もう、バカ!なんであんたたちよりによってそこでそんなことするのよ!せっかくなんとかしようと頑張ってる人たちがいるのに!と、なんかもう半分ベソをかきながら読みました。苦しくて苦しくて、もう読むのやめたいのに、でもやめられなくて、最後まで読みました。

一番心に焼き付いてしまったのは、終盤の、戦闘のシーン。もうここで闘うしかない、そして自分はここで命を落とすに違いない。そういうことを考えている彼らの、かじかんだ手、そこに射す日の光の暖かさ、風の音、土のにおい、そういう描写が、なんだかものすごく…現実感を持って、心に迫りました。

従うことを選んでも、抗うことを選んでも、どちらにしても地獄しか待っていない、そんなことがどうしても逃げられない事実として存在した時代があったのだということ。そのことを、あらためて思い知る読書でした。そして、現代に生きる私たちが忘れてきてしまったもの、そういうことにも思いを馳せる読書でした。
| あ行(その他) | comments(5) | trackbacks(6) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
飯島和一のなかでもとくに読みにくい一冊かもしれません。でもこの作品に出会えたことは読書というものの大きな喜びのひとつだとぼくは思っています。
「始祖鳥記」「雷電本紀」はもう少し読みやすいので、ぜひ読んでみてください。
| すの | 2007/02/13 5:54 PM |
確かに苦しい感じの全体像でしたね。読み終わってから実際にあったお話をベースにしていると知りました。実際の場所を地図で調べたりなんかして。。。
後半に登場人物がわらわらと死んでいくのがこらえきれなかったです。
| やぎっちょ | 2007/02/14 3:01 AM |
すのさん、読みにくい…ということはそんなになかったです。うん。ちょっと人称と視点がおかしくないかいというところがあったりはしましたが…そんな枝葉はどうでもいいわ、という気に今なっています。他も読みたいんですけど、何しろあの厚さが…躊躇の元…。

やぎっちょさん、私も実話かなぁと思ってはいたものの、ほんとに実話だったんだ!と知ったのは読み終わってからでした。そう考えるとなんか余計に心に迫るものが…。
| chiekoa | 2007/02/14 1:57 PM |
某所読書会ではお世話になっております。こちらにははじめましてです。
私も読了し、感想をUPしたのでTBさせていただきますね。
今後ともどうぞよろしく^^
| TRK | 2007/02/18 1:42 PM |
TRKさん、ありがとうございます!
こちらこそどうぞよろしく〜!!
課題にならなかったら手にとらなかった本だと思うので、
読めてよかったです。
| chiekoa | 2007/02/19 1:28 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「神無き月十番目の夜」飯嶋和一
「神無き月十番目の夜」飯嶋和一☆☆☆☆☆(1997) ※[913]、国内、小説、中世、時代小説、江戸時代、ミステリー とにかくオススメ!! 飯島和一の本は、一筋縄ではいかない。ぎっしりとつまった、活字。感情を抑えた筆致。正直、読みにくい。読みにくいとはいう
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/02/13 5:51 PM |
神無き月十番目の夜 飯嶋和一
神無き月十番目の夜 ■やぎっちょ評価コメント 完全フィクションかと思いきや、歴史の狭間に埋もれた小さな事実ベースです。 まず、作者の描写力が凄い。まるで1600年代の景色がありありと目に浮かぶような細かいディーテールにこだわってます。描写だけではなく、時
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/02/14 2:59 AM |
『神無き月十番目の夜』。
 飯嶋和一『神無き月十番目の夜』の感想をこちらに。久しぶりの時代小説。初めて読んだ作家さんなのだけれど、とにかく読んでいて苦しくて苦しくて、その重さに胸が潰れそうだった。辛い読書だったのに、でも価値ある読書だ
| 日々のちょろいも 2nd | 2007/02/16 3:23 PM |
神無き月十番目の夜 / 飯嶋 和一
某所読書会の2月課題本。歴史の裏に隠蔽されたジェノサイド。 打ちのめされました…。 神無き月十番目の夜飯嶋 和一 Amazonで詳しく見る by G-Tools 慶長七年(一六〇二)陰暦十月、常
| GOKURAKU Days | 2007/02/18 1:36 PM |
「神無き月十番目の夜」飯嶋和一
神無き月十番目の夜発売元: 小学館価格: ¥ 670発売日: 2005/12/06売上ランキング: 149161おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/02/21 聖月さんが人生最高の書とまで言い切ったこの作品、読まねばならぬと 早速購入して置いてたのだけど、SNSの読書会の
| 本を読む女。改訂版 | 2007/02/22 1:39 AM |
飯嶋和一【神無き月十番目の夜】
暗い色あいの表紙にホラー的な雰囲気が漂うが、中身は歴史小説。 冒頭部はリズム感のよい文章なのに、なぜか私の目は文字を上すべり。情景が頭に浮かびにくい。これは私が歴史をろくに知らないのが悪い。文中の固有名詞が、
| ぱんどら日記 | 2007/02/28 10:48 AM |