プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 神無き月十番目の夜 [飯嶋和一] | Top | クジラの彼 [有川浩] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
一流シェフのとっておき 贈るショコラ
4418061568一流シェフのとっておき 贈るショコラ
世界文化社 2006-12-15

今日はバレンタインデーですねー。

手作りで何か贈りたい!という方にオススメなのがこの本。いろんなお店のシェフが、秘伝のレシピを教えてくれる一冊です。説明も丁寧だし、すごくわかりやすくていいなぁと。ちなみに私が作ったのはデフェール(たまプラーザにお店があります。大好き!!)の安食シェフの「ガトーショコラ」…のはずだったんですけど、いや、なんか試行錯誤していたら最終的にはレシピを全く無視した作り方に…。でも、ほら、基本は、ね…。(というか粉を使わないガトーショコラが作りたかったのに、この本を参考にした時点でスタートが間違っていたような気がしないでもない。)

ちなみに、私が作ったレシピ。超アバウト。
(チョコ好きだからたっぷり入れてー、とかそういう勢いで作ってます)。
この本を持っている方、比べてみて、おいおいどれだけ違うねん!と笑ってやってください(笑)。

材料(12cm型1個分)
クーベルチュールチョコレート 125g
ココアパウダー15g
無塩バター35g
卵黄Mサイズ2個分
卵白Mサイズ2個分
グラニュー糖10g
生クリーム大さじ1
コアントロー大さじ1〜1.5(お好みで)
粉糖適量


*最初の準備
・卵、バター、生クリームは常温に戻しておく。
・型にクッキングシートを敷いておく。
・オーブンに180度で余熱を入れておく。

1.チョコを細かく刻んでバターと一緒に湯せんにかけて溶かす。(お湯の温度は60度。これ以上高くなるとチョコが焦げるので注意。あと水気厳禁。)
2.1を湯せんから外し、ほぐした卵黄、生クリーム、コアントロー、ココアパウダーの順に加え、その都度ゴムべらでしっかり混ぜる。
3.別のボウルに卵白を入れ、グラニュー糖を少しずつあわせながら泡立て、メレンゲを作る。泡だて器を持ち上げたときにツノの先端がたれる位までしっかり泡立てること。
4.2に泡立てた3の半量を入れ、しっかり混ぜ合わせる。このときには多少メレンゲがつぶれてしまっても可。(犠牲の…ってやつですね)。
5.4に3の残りの半量を入れ、泡をつぶさないようにさっくりと切る様に混ぜる。
6.型に入れ、170度に下げたオーブンで約25分焼く。表面がひび割れて、中央に竹串を差して、べっとりと生地がついてこなければできあがり。
7.型から出し、ケーキクーラーの上で冷ます。紙はあら熱が取れてからはがす。

所要時間は1時間くらい。粉糖は食べる直前にふって、軽く泡立てた生クリームを添えて食べるとなおおいしいかと。ちなみに出来上がった直後より、しばらく時間がたってからの方が私は好きです。食べごろは2日。保存は常温でラップにくるんで5日。

注:あくまでも超素人のスーパー適当レシピですので、「違ーう!」というお怒りはナシで…。いちおうちゃんとできあがります。結果オーライ。あとは愛情!!
| 企画モノ・雑文など | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
コアントローのススメ
コアントローというお酒を皆さんはご存知ですか? コアントローは、オレンジのリキュールで、お菓子やケーキ、カクテルなどに幅広く使われています。 特徴は、あま~い味と、とってもよいオレンジの香り。 私はコーヒーや紅茶を飲むときに、スプーン一杯分のコアント
| Beauty & the Beast | 2007/02/15 4:25 PM |
ココアパウダーの思い入れ
1年を通じて食後にココアを飲むため購入しました。袋を開けた瞬間「いままで飲んでいたスーパーで売っている100%ココアとちがう」と鼻が教えてくれました。奥深いチョコレートの味が心を落ち着かせてくれるよう。味わえてよかったと思える一品。本物に出会ったとい
| 材料がたくさんあります | 2007/04/11 8:25 AM |