プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< フィッシュストーリー [伊坂幸太郎] | Top | 空色ヒッチハイカー [橋本紡] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
弱法師 [中山可穂]
4167726017弱法師
中山 可穂
文藝春秋 2007-02

医者である鷹之の元を、ある日訪れた美しい母子。難病を抱えた子供・朔也の治療を続けるうちに彼は―表題作「弱法師」他、「卒塔婆小町」「浮舟」が収録された作品集。

なんというか…とてもひと言で言い表せるような本ではありませんでした。なにが、どうしてこんなに…。あぁ、全然うまくいえませんが。すばらしかった。ぐぅっと喉の奥が詰まったみたいになって、読み終わってから、しばらくご飯が食べられなくなるくらいの、本でした。

能をモチーフにしているのだというのをどこかで読みましたが、私はそもそもの能の作品の方を全く知りません。知識なくて…強いて言えば「小町」の話は別口でいちおう知っていたかも、というくらい。でも、そんなの知らなくても、この物語が、彼らが伝えてくるもの、その圧倒的な思いも感情も…、まったく揺るがない、そんな気がします。

共感というのは全然違う、むしろ私の全然理解できない、もしかしたら一生知らないかもしれない「恋」に生きる彼らの、でもその思いがこんなに痛いのはどうしてでしょう。涙が出そうになるのはどうしてでしょう。人と人が関わること。誰かが誰かを思うこと。その生々しさ。その純粋さ。圧倒的でした。すごい本でした。

わたしは、恋も、愛も、天国も、地獄も、何も知らない。
できることなら、こんなふうにぼろぼろになっても、胸がぺしゃんこに潰れるような思いをしても、年を取りすぎた大きい天使になっても、狂ったように愛して愛され、いとしい誰かと手に手を取ってこの世の淵からこぼれ落ちたい。打ちのめされ、追い詰められ、虚無に向かって行進していくような人生でもかまわない。
こんなふうに誰かを、ただひとりのひとを、一生かけて、馬鹿みたいに愛したい。
(「浮船」より)
「恋とは死に至る病いである。」
たとえそうだとしても、わたしたちは。
| な行(中山可穂) | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
あぁなんかもう すっかり内容を忘れていますけれど^^;
胸に迫る一冊だったという印象は残っています。
| ふらっと | 2007/02/18 4:46 PM |
ふらっとさん、そうですね、ストーリーがどうこうというより…
その心に残る印象が全てのような、そんな気がします。
文庫が出ましたから、本屋さんで見かけたら手にとってみるとよいのでは?
きっと「あぁ!」って思い出されると思います。
| chiekoa | 2007/02/19 1:29 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
弱法師―yoroboshi*中山可穂
☆☆☆☆・ 弱法師中山 可穂 (2004/02/26)文藝春秋 この商品の詳細を見る 難病を抱える少年と、少年に父親を超えた愛情を抱く義父との交流を描く表題作など、激しくも狂おしい愛の形を描く3篇を収録した中篇小説集。『別冊文芸春秋』掲載
| +++ こんな一冊 +++ | 2007/02/18 4:42 PM |
中山可穂【弱法師(よろぼし)】
長編小説【ケッヘル】の前に書かれた3つの短編を収録。 【ケッヘル】も、ビアンの恋愛小説ひとすじの作家が新境地をひらいたという点で評価したいけど、本書のほうが、より中山可穂らしい気がする。 性描写を意識的に書
| ぱんどら日記 | 2007/02/22 2:49 PM |