プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 青空感傷ツアー [柴崎友香] | Top | 赤朽葉家の伝説 [桜庭一樹] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
匂いをかがれる かぐや姫 〜日本昔話 Remix〜 [原倫太郎]
483871727X匂いをかがれる かぐや姫 〜日本昔話 Remix〜
原 倫太郎 原 游
マガジンハウス 2006-11-22
livedoor BOOKS
書誌データ

翻訳ソフトで日本語→英語→日本語と訳して出現した、まったく新しい日本昔話。さて有名な昔話がどうなるか?!「一寸法師(少量法律助言者)」「かぐや姫(匂いをかがれるとすぐに、プリンセス)」「桃太郎(桃タロイモ)」のシュールな変換昔話3編を収録。

アイディア自体はそう珍しいものでもないと思うのですが、(翻訳ソフトを使うっていうのは新しいかもですけど)、でも題材が「日本昔話」っていうのがまた妙にツボで、よけいにおかしなことになっていて面白かったです。

もともとのお話(私たちがよく知っているやつ)と、それの英訳と、さらにその和訳と、三パターンの文章が掲載されているわけですが、あらあら、これがこんなことに…(笑)と、珍訳続出で笑えます。なんであれがこうなるの?!と、思わず英語の文も読んでしまうので、うっかり英語の勉強にもなったりし…。それぞれについているイラストも、ちゃんとそれぞれの雰囲気をつかんでいてくくく…という感じ。笑えます。

しかし、もともとの作品があって、それを翻訳ソフトで2回翻訳って…、この本の著者さんのお仕事はなんなのかしらと思ってみたり。(まぁ「複数の翻訳ソフト」を使ってらっしゃるそうですから、それなりに手間隙かかってるんでしょうけれど!)。そう考えると、これは本というよりは、本という形の「作品」なのかな。

ちなみに私が思い出したのは、清水義範さんの「ジャポン大衆シャンソン史」(新潮文庫『秘湯中の秘湯』に収録)という、日本語の歌をフランス語に訳したものを、再び日本語に訳しなおしたら…というやつです。 サザンの「いとしのエリー」がえらいことになってて、大笑いしました。ちなみに「リンゴの唄」から光GENJIの「パラダイス銀河」まで、なんと36曲が翻訳されています。あぁ、また読みたくなってきたなぁ。
| は行(その他) | comments(2) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさんの記事を読んで、気になって読みました^^
凄いですよね。コメントに非常に困る本でした^^;
筆者さんは芸術家の方なんですよね。やっぱり普通の方と考えが違いますよね〜
1番凄かったのは「桃太郎」ですね^^;
絵が怖い怖い。
| 苗坊 | 2007/03/09 11:36 PM |
苗坊さん、こんな意味不明な記事で…ありがとうございます…。
なんか感想をどうこう書くような本じゃないですよねー。
「まぁちょっと読んでみてよ!」というか(笑)。
絵はすごかったですね、あまりにぴったりすぎて…!
| chiekoa | 2007/03/12 11:38 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
匂いをかがれるかぐや姫 〜昔話Remix〜 原倫太郎
匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~ 日本の代表的な昔話である「一寸法師」「かぐや姫」「桃太郎」。 この3編を、15種類に及ぶコンピュータの翻訳ソフトを組み合わせて英語に自動翻訳。 その英語の文章をさらに複数の翻訳ソフトにかけて、日本語に際翻訳し
| 苗坊の読書日記 | 2007/03/09 11:35 PM |
匂いをかがれるかぐや姫
匂いをかがれるかぐや姫 〜日本昔話Remix〜 我が家で購読している読売新聞では日曜版で本を紹介するコーナーがある。かなりのスペースで著名人が書評を寄せている。中には小泉今日子なんて時もある。 その中で、1ヶ月くらい前に紹介されていたこの本。すごく読み
| ・*・ etoile ・*・ | 2007/04/18 1:19 AM |