プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 匂いをかがれる かぐや姫 〜日本昔話 Remix〜 [原倫太郎] | Top | 水底の光 [小池真理子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
赤朽葉家の伝説 [桜庭一樹]
4488023932赤朽葉家の伝説
桜庭 一樹
東京創元社 2006-12-28

「山の民」に置き去られた赤ん坊。この子は村の若夫婦に引き取られ、のちには製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれることになる。これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。――千里眼の祖母、漫画家の母、そしてニートのわたし。高度経済成長、バブル崩壊を経て平成の世に至る現代史を背景に、鳥取の旧家に生きる3代の女たち、そして彼女たちを取り巻く不思議な一族の血脈を比類ない筆致で鮮やかに描き上げた渾身の雄編。

ものすごく読み応えのある一冊でした。上下二段組みで、これだけの長さがあるのに、途中で全然だれないで最後まで一気に読めてしまいました。ほんとに、細部まで手抜きがない感じ。だって私この本で、この物語で…途中で声を出して笑ったりもしたんですよ!(ちなみにどこで笑ったかは、ぜひ読んだ方と語り合いたい…)。

三世代、一人一人の女性の生き様を描きながら、同時に「製鉄」という産業の衰退と、世の中の流れまでが同時に浮き上がってくる、これは、すごい、すごい!と思いながら読みました。細かいところをあれこれ「ここが好き」だの「あれがよい」だの言っていたらきりがないってくらいの本です。三世代の女、それぞれのまったく違った生き方に、それぞれ感じるところがあって、その感じるところもそれぞれに全然違くて、うまく言葉にできません。「渾身の」「描き上げた」、そういう言葉が、ぴったりの一冊でした。

地球が丸いなら、上へ、上へ、上へと目指しても、どんなに上っても、結局は元のところに戻ってきてしまうんじゃないの?―初めて「地球」というものを知ったときに、おどろきながら万葉の考えたことが、ものすごく鋭くて、なんだかどきっとしました。たった三世代、それだけで、こんなにも世界が変わる。絶対だったものが、揺らぐ。目指していたはずの頂上が、いつの間にか一番底辺になっている。ここに描かれている活気あふれる世界が、それはほんの数十年前の世界のはずなのに、今の私たちにはもう遠い歴史の中の出来事のようで。確かなものなどなにもない、その儚さと、歴史の波に翻弄されながらも自分の「生」を生きていこうとする主人公たちの姿に、いろんな意味で心打たれる読書でした。
| さ行(桜庭一樹) | comments(7) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
前作『七竈・・・』からは想像もできないほど濃厚でした。
私も一気に最後まで引きずりこまれましたよ!
で、さて、ちえこあさんがツボにハマって声を出して笑ったというのは、どのあたりなんだろう?
私が笑えたのは毛毬のエピソードだったりしました。
| hoy. | 2007/02/23 1:00 AM |
濃厚な世界、読み応えがありましたね。
生きる時代と持って生まれた気性の違いで、こうまで人生も変わってくるのかと驚きました。
途中で声を出して笑ったのは、たぶん毛毬のエピソードとは思いますけど
シチュエーション部分は、忘れてて思い出せません。
バイクの音ーぱらりらぱらりら、や、タツのネーミング(泪、毛毬、鞄、孤独)ではないのでしょうね。
| 藍色 | 2007/02/23 3:45 AM |
hoy.さん、藍色さん、私が爆笑してしまったのは「裸踊り」のところです(笑)。いやー、想像したらもうたまらなくおかしくて…くくくくく(思い出し笑い)。彼女にはその後も幾度と無く笑わせてもらいました。不幸な方なんですけどね…なんか妙にツボにはまっちゃって…。
| chiekoa | 2007/02/23 1:06 PM |
なんだかスゴイところでツボにハマってませんか?!
うん、けど、たしかにあの光景を現実に体験したと想像すると・・・可笑しい。というより実際見たら固まってしまうでしょうね。
この、ストーリーとはあまり関係ない親娘のキャラ、なぜだかわりと好きです。
かくし味なのかな。
| HOY. | 2007/02/24 12:54 AM |
こんばんは。
三世代にわたって繰り広げられる、怒涛のようなそれでいてなんとも濃ゆ〜〜い物語でしたね。
しかし決して重苦しくなく、読後はほわぁと放心してしまいました。
文章の隅々にまで山陰地方の歴史や風土が感じられ、
女性たちの生きたみちを鮮やかに彩っていたのが印象的でした。
何回でも読み返したい…うぅ、買っちゃうか!?
| Rutile | 2007/03/05 9:50 PM |
Rutileさん、私は買っちゃいましたよ…(笑)。
ほんと、濃いのに重くなくて、こんなに長かったのか!ってくらいのものでした。読ませますよね。次作も楽しみです!
| chiekoa | 2007/03/07 4:08 PM |
凄い濃い作品でしたね。
3世代みんな印象的です。
でも、1番は万葉ですね。
何だか未来がわかっちゃうっていうのが、かわいそうに見えました。
みたくないものもみえちゃうって、辛いですよね。
| 苗坊 | 2007/05/05 12:14 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
赤朽葉家の伝説 / 桜庭一樹
今、もっとも気になる注目の作家、桜庭一樹の最新作がついに出た! 一言で言うと『溶鉱炉から真っ赤に流れ出る、溶けた鉄の河』。 桜庭一樹は、またさらに脱皮した。 もう、超サイヤ人で界王拳30倍くらいパワーアップした。 もう、繊細だが薄っぺらな少女体型ではなく
| ふくらはぎの誘惑曲線 海賊版 | 2007/02/23 12:52 AM |
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹
Book Designは岩郷重力+WONDER WARKZ。書き下ろし。 物語の舞台は鳥取県紅緑村。千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもない私。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、旧家に生きる三代の女たち、
| 粋な提案 | 2007/02/23 3:46 AM |
35:赤朽葉家の伝説
待ちに待った桜庭 一樹の新刊 『赤朽葉家の伝説』です わたしがどれくらい待ちに待っていたかと言うと、 図書館で予約したものの、「ダメだ!やっぱり今すぐ読みたい!」と思い直して本屋に行ったら品切れだったというくらい、待ちに待っておりました。 結局、積読
| プリン@BOOK CAFE | 2007/02/25 9:31 PM |
『赤朽葉家の伝説』桜庭一樹
シェアブログ1152に投稿 こ、これは…欲しいかも!! ハードカバー、しかも二段組と言うボリュームなのに、全然飽きさせないんですね。 じっくり時間をかけて、ゆっくり読ませていただきました。 今読み終えて、ほぅ。と軽く放
| 道草読書のススメ | 2007/03/05 9:45 PM |
『赤朽葉家の伝説』
 私が住む八代市。城下町として発展し、海沿いを干拓して農地が広がった。製紙や製鉄の工場が建ち並ぶ工業都市でもあり、大きな港が整備されている。  栄えた時代は確かにあった。しかし、農業は後継者不足におちいり、工場の閉鎖や規模縮小も相次いだ。繁華街のア
| 天竺堂通信 | 2007/03/07 12:06 AM |
「赤朽葉家の伝説」桜庭一樹
赤朽葉家の伝説桜庭 一樹 (2006/12/28)東京創元社 この商品の詳細を見る 祖母、母、わたし。 赤朽葉家に生きる三代の女たちを描いた作品です。 「第一部」 戦後の敗戦の余波が残る時代に、万葉は辺境の人に置いていかれた。
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/04 6:09 PM |
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹
赤朽葉家の伝説 ■やぎっちょ書評 何から書いていいのか、まるでわからない。。。 すごく書きたいことが多いような気がして。 簡単な言葉でさらりと書けることを先に書くと、大作、白夜行(?)、壮大なストーリー。でも、これじゃ何を言ってるのかわからないですね
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/04/25 12:58 AM |
赤朽葉家の伝説 桜庭一樹
赤朽葉家の伝説 オススメ! “辺境の人”に置き忘れられた幼子。 この子は村の若夫婦に引き取られ、長じて製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれ輿入れし、赤朽葉家の“千里眼奥様”と呼ばれることになる。 これが、わたしの祖母である赤朽葉万葉だ。 ―千里眼の
| 苗坊の読書日記 | 2007/05/05 12:07 AM |
第60回日本推理作家協会賞受賞作品
第60回日本推理作家協会賞は以下の通り決まりました。 <長編および連作短編集部門>  桜庭一樹さんの「赤朽葉家の伝説」   <評論その他の部門>  小鷹信光さんの「私のハードボイルド」と    巽昌章さんの「論理の蜘蛛の巣の中で」   <短編部
| 及川的大人のブログ | 2007/05/16 9:54 PM |
[review][◎]桜庭一樹『赤朽葉家の伝説』
 “辺境の人”により紅緑村に置き去りにされた娘は、やがて製鉄業で繁栄し“上の赤”と呼ばれていた赤朽葉家に嫁入りし、千里眼奥様と呼ばれた。千里眼の祖母・万葉、伝説のレディースから漫画家へ転身した母・毛毬、そして何者でもない平凡な私・瞳子。山陰の旧家に
| こんな夜だから本を読もう | 2007/06/14 9:55 AM |