プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< わたしを離さないで [カズオ・イシグロ] | Top | ミミズクと夜の王 [紅玉いづき] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
僕僕先生 [仁木英之]
4103030518僕僕先生
仁木 英之
新潮社 2006-11-21

時は唐代。若き王弁は父の財産に寄りかかり、学ばず、働かず、娶らず、ひたすら安逸を貪っていた。そんなある日、父の命で黄土山へと出かけた王弁は、そこでひとりの美少女と出会う。自らを僕僕と名乗るその少女、なんと何千何万年も生き続ける仙人で…不老不死にも飽きた辛辣な美少女仙人と、まだ生きる意味を知らない弱気な道楽青年が、五色の雲と駿馬を走らせ天地陰陽を大冒険。第18回日本ファンタジーノベル大賞大賞受賞作。

うーん、さすがファンタジーノベル大賞!期待を裏切らない一冊でした。ちょうど先日『泣き虫弱虫諸葛孔明』を読んだばっかりだったから、読めない漢字もどんとこい!ってなもんで、免疫もできていて、ばっちりでした。(何か間違っているような気も)。

装幀や挿画がとてもかわいく(ちょっと「しゃばけ」あたりを目指したのかしら?と思ったり)、まぁ本文の調子にあってるかどうかというとちょっと「…?」という気もしましたが、でも登場人物たちが魅力的で…一気に読めてしまいます。主役である王弁の、成長と恋(?)の物語。ファンタジーワールドへ飛べること請け合いです。

これからバンバン上手になられるんだろうし、先が楽しみだ!と思いました。

ちなみに「僕僕先生」っていうのはそういう中国の古典があるんだそうで。でも…きっと読めないだろうなぁ。間違いなく読めないだろうなぁ。(いろんな意味で…)。
| な行(その他) | comments(6) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
このお話いいですよね!
わたしも「しゃばけ」シリーズに雰囲気が似てるかも…と思いました。
アマゾンみたら、どうもすでに二作目出されてるようで。
読むのが楽しみです^^
| まみみ | 2007/02/27 5:36 PM |
まみみさん、お、やっぱり思われました?
でも「しゃばけ」はあの絵があってこその「しゃばけ」(だと私は思っている)だけれど、この本は、こう、手にはとりやすいけど、そこまでの絵と物語の一体感があるか?!と言われると、ちょっと違うかなぁと思ったり…どうなんでしょうね?二作目はなんか文庫でしたっけ?買ってみようかしら…と思ってます。
| chiekoa | 2007/02/27 5:58 PM |
こんばんは。

>読めない漢字もどんとこい!
勇気付けられました。
そしてchiekoaさんの『泣き虫弱虫諸葛孔明』のレビューみて
同じ!おなじ!もしかしたら私の方がひどいかも!って思って
読んでみる事を決意しました!がんばります。

2作目、もう出ているんですか?
借りなきゃ!
| なな | 2007/02/28 10:02 PM |
ななさん、おぉ、がんばってください!!
最初は体力いりますけど…しまいには「この本終わらないで!」
って気持ちに、少なくとも私はなりましたから!!
何日もかけて、ちまちま読むのもオススメです。
どうせ漢字の読み方は忘れるからね…(←おい)。
| chiekoa | 2007/03/01 4:16 PM |
ファンタジーノベル大賞ははずれがないですよね!
私は数冊しか読んでいないのですが、はずれがないし、本当に面白いです。
この作品も良いですよね〜
2人がとってもかわいらしかったです。
今後も気になりますよね。
| 苗坊 | 2007/04/08 8:49 PM |
苗坊さん、もしかしたら続編みたいのもでるかもですね!楽しみ〜♪出るならば私が漢字の読みを忘れる前に、できるだけ早く(笑)。
| chiekoa | 2007/04/09 12:07 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「僕僕先生」 仁木英之
僕僕先生posted with 簡単リンクくん at 2007. 2.18仁木 英之著新潮社 (2006.11)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/02/27 5:34 PM |
「僕僕先生」仁木英之
僕僕先生 仁木 英之 時代は唐代。勉強もせず、仕事もせず、日々ダラダラと過ごしていた王弁。ある日父から黄土山に住むと言われる仙人に供物を持って行くようにいい使う。迷ったあげく出合った仙人は十代なかば程にしか見えない美少女で自分を僕僕と名乗った。
| ナナメモ | 2007/02/28 10:03 PM |
38:僕僕先生
去年の日本ファンタジーノベル大賞受賞作、 仁木 英之の『僕僕先生』です わたしもマメリさんのブログで知った本なのですが、 これは、おすすめ!です☆ 舞台は唐の時代の光州。 父親が県の役人を退職したばかりの王弁は、父親が莫大とは言えないが、一生食うに困ら
| プリン@BOOK CAFE | 2007/03/01 12:14 PM |
僕僕先生 仁木英之
僕僕先生 時は唐代。若き王弁は父の財産に寄りかかり、学ばず、働かず、娶らず、ひたすら安逸を貪っていた。 そんなある日、父の命で黄土山へと出かけた王弁は、そこでひとりの美少女と出会う。 自らを僕僕と名乗るその少女、なんと何千何万年も生き続ける仙人だった
| 苗坊の読書日記 | 2007/04/08 8:13 PM |