プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ミミズクと夜の王 [紅玉いづき] | Top | 気になる部分 [岸本佐知子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
鴨川ホルモー [万城目学]
4916199820鴨川ホルモー
万城目 学
産業編集センター 2006-04

二浪して京大に入学した安倍。アルバイトの帰りに手渡されたチラシをきっかけに、謎のサークル「京大青竜会」に入った彼を待ち構えていたものは…。

「ホルモー」って何よ!というミステリーではありません。その説明はちゃんと序盤でしてあります。でもまぁ説明を読んでも「それ何よ!」となりますが…(笑)。あとは読み進めていくしかありません。そして、それは苦労しなくてもすいすい行けます。ラストまではあっという間でした。王道…ではないのかもしれないけど、基本は王道の、非常に真っ当な青春小説でした。楽しく読めます!!

この本ははじめのうち、設定といい、語り口調といい、どうしてもどうしてもどうしても、森見さんの『夜は短し歩けよ乙女』とか『太陽の塔』とかとかぶってかぶって仕方なく(すいません、へんな先入観で、でも振り払っても振り払ってもその思いが…)、こういう「京大のちょいだめ男」ってのは今世間の流行なのかしら…とか思いながら読んでました。でも最後まで読んでみたら着地点が全然違う本だったので、なんだか安心しました。はい。そう考えると、前半と後半(しかもかなりラストの方)で、だいぶ印象の違う本だったなぁと思います。

ところでなんでこの表紙は四人しかいないんですかねぇ。ここは五人じゃないの?!

B000002UB3【追記】
↑と、上のような疑問を書いたら、木曽のあばら屋さんが「それだと"Abbey Road"のパロディにならないからじゃない?」という明確な回答をくださいました。おぉ!なるほど!これね!これね!全然気づきませんでした…!!ありがとうございました。

Abbey Road
The Beatles
Capitol 1990-10-25
| ま行(その他) | comments(9) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは。
やっぱ5人にしちゃうと"Abbbey Road"のパロディにならないからでしょうね。
私も森見登美彦さんに重ねながら読んでしまいましたが、
軽めの青春小説という感じ、これはこれで楽しく読めました。
でも「ホルモー」って、どうしても「ポケモンバトル」を連想するなあ。
つい最近まで子供がポケモン観てたもので・・・。
| 木曽のあばら屋 | 2007/03/01 7:52 PM |
木曽のあばら屋さん、ああ!!!なるほど!!
あれをパロってたんですね〜(笑)気づかなかったです!!
同様に悩んでいた友人たちにも教えてあげよう…。
ありがとうございます!!すっきり!!
| chiekoa | 2007/03/02 12:39 PM |
そう、アビーロードをパロってるんだろうなってのはわかったんですが…5人いるんだし無理やりそれパロる必要ないじゃん!?とか思ったんですよ。どうしてもあれがやりたかったのかなぁ。
京大ダメ男子、人気ですよね。人気っていうか…真実の姿がさらされるようになっただけ、とか?(笑)
| まみみ | 2007/03/03 11:43 AM |
まみみさん、あ、気付いておられましたか!失礼いたしました…。やっぱりなにかこう、「リスペクト」なんでしょうねぇ。きっとどうしてもやりたかったんですよ。そしてやるからには五人なんて言語道断だったんですよ。実際ちょっとはもめたと思うんですけど、その過程を聞いてみたいような…(笑)。
| chiekoa | 2007/03/03 6:07 PM |
コメディタッチが心地いい青春小説でしたね。
「京大のちょいだめ男」、笑いました。
トラウマになってませんよね?。
大学時代のサークル(映画研究会)のことを懐かしく思い出したりしました。
| 藍色 | 2007/04/10 2:50 PM |
藍色さん、そういえば映画研究会だったんですよね〜!
なんかあこがれです。私映画がさっぱりわからない人間なので(がっくり)。
トラウマ(笑)そうかもしれません!
でも後半のほうはそんなことは忘れて楽しく読めた気がします♪
| chiekoa | 2007/04/11 11:11 AM |
TBさせていただきました。

ホルモーもまぁそれなりに興奮しましたけど、京都の風情や雰囲気が味わえて、そこが読みどころだと思いました。
| タウム | 2007/04/12 9:19 AM |
はじめまして〜
どれに コメントつけようか 迷いました〜^^

息子も こんな楽しい大学生活を 送ればいいのにと・・・
思いつつ 読みました。
この本は、京都の街を歩いている気分で楽しいですよね。

| ヤマボウシor紅子 | 2007/04/12 12:44 PM |
タウムさん、確かに、これを読むと「そうだ!京都行こう!」な気持ちになりますね。最後に行ったのはいつだったかなぁ…(遠い目)。

紅子さん、はじめまして(笑)。ありがとうございます!
こ、こんな大学生活でいいんですか?!サムシングが!!!(笑)
いつか京都オフをやってみんなで歩き回りたいものです。
| chiekoa | 2007/04/12 1:08 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「鴨川ホルモー」万城目学
鴨川ホルモー万城目 学 (2006/04)産業編集センター この商品の詳細を見る 二浪の末に京大に入学した安倍。葵祭のアルバイト帰りに、同級生で帰国子女の高村と出会う。 そんな二人に声を掛けてきたのが「京大青竜会」という、得体の
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/03/01 4:34 PM |
「鴨川ホルモー」 万城目学
鴨川ホルモーposted with 簡単リンクくん at 2006. 8.18万城目 学著産業編集センター (2006.4)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/03 11:40 AM |
「鴨川ホルモー」万城目学
「鴨川ホルモー」万城目学(2006)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、現代、小説、青春、片思い、ファンタジー、式神、鬼、京都、第四回ボイルドエッグ大賞 青春とは馬鹿馬鹿しいまでの勢いである。 この作品を評するならば、まさにこの一言。よくぞまぁここまでくだらない
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/03/03 10:14 PM |
万城目学(まきめ・まなぶ)【鴨川ホルモー】
若さとバカさ溢れる大学生たちの青春小説。とても懐かしい感じがする。 大学生の私にとって何よりも大切なものは サークル、アルバイト、恋愛 の三つであった。 社会人になると、まぁ会社の先輩・後輩関係
| ぱんどら日記 | 2007/03/13 9:57 AM |
鴨川ホルモー 万城目学
イラストレーションは石居麻耶。デザインは岩瀬聡。 第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞の本書で作家デビュー。 主人公で語り手の俺:安倍は二浪の京大新入生。葵祭のバイト帰りに知り合った高村と怪しげなサークル、京大青竜
| 粋な提案 | 2007/04/10 2:52 PM |
大学対抗ホルモー対戦 in 京都  万城目学著「鴨川ホルモー」
各方面で評判のこの本。 王様のプランチで、「哲っちゃん」もすすめていました。 そんなに言うなら読まなきゃダメでしょ。 ということで 万城目学著 「鴨川ホルモー」 の感想でホルモー!! 鴨川ホル
| 本読め 東雲(しののめ) 読書の日々 | 2007/04/12 9:24 AM |
鴨川ホルモー<万城目学>−(本:2007年37冊目)−
産業編集センター (2006/04) ISBN-10: 4916199820 評価:87点 第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。 っていうかあ、ボイルドエッグズって知らんけど。 ネットで調べた限りでは、日本初の作家エージェントらしい。 詳しくはご自分で検索してくださいませ。
| デコ親父はいつも減量中 | 2007/04/21 8:45 PM |
『鴨川ホルモー』万城目学著
ようやく読めました。 このところずっと児童書続きだったので、 今回はコチラを! 『鴨川ホルモー』万城目学 鴨川ホルモー産業編集センターこのアイテムの詳細を見る 先日発表された本屋大賞(コチラ→)では、 惜しくも6位でしたが、 とっても面白い良い作品でした
| バンザイ | 2007/04/26 9:33 AM |
鴨川ホルモー 万城目学
鴨川ホルモー ■やぎっちょ書評 穏やかな冬晴れの日でも、岩倉からやってきたバスの屋根には雪が積もっているという。 これね、実話です。 なにせ、昔昔は岩倉が職場でしたからね〜。鴨川の朝を三条から出町柳まで歩いて、そこからバスや叡山電車に乗って通勤したも
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/05/15 8:46 PM |
「鴨川ホルモー」万城目学
「鴨川ホルモー」 万城目 学 産業編集センター 2006-04 勝手に評価:★★★★☆ このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)で
| Chiro-address | 2007/08/20 4:38 PM |