プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 気になる部分 [岸本佐知子] | Top | また会う日まで [柴崎友香] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
エスケイプ/アブセント [絲山秋子]
4104669024エスケイプ/アブセント
絲山 秋子
新潮社 2006-12

闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。だが人生は、まだたっぷりと残っている。旅先の京都で始まった、長屋の教会での居候暮らし。あやしげな西洋坊主バンジャマンと、遅れすぎた活動家だった「おれ」。そして不在の「あいつ」。あきらめを、祈りにかえて生きるのだ。いつわりと挫折の日々にこそ宿る人生の真実を描く傑作小説。

この本の感想を…どう書けというのでしょう。読み終わってなんだか途方にくれてしまいました。ひと言で言うのならば…「ノックアウト」。

そもそも私はこの本を、「エスケイプ/アブセント」というタイトルの長編一本の本だと思っていたのですが、違いました。「エスケイプ」と「アブセント」で、それぞれ独立した…いや、それも違うな、違うんですけど、でも少なくとも一本ではなく、いや、でも分けてなんて考えられなくて…うぅ、袋小路。

私がこうしてパチパチと打っている文字、活字と同じものであるはずなのに、「エスケイプ」のそれは、なにかもう全く別のもので。スピード感が違うというかなんというか。最初の一行でばっとつかまれて、あとは支配されました。そして次にくるのが「アブセント」。緩急というのか、この絶妙なバランスの二編に、この共鳴っぷりに、ほんとうにノックアウトでした。

印象が強かったのはどちらかということをあえて言うのであれば、個人的にはそれは「エスケイプ」の方でした。彼が「神」に語りかけるその言葉は圧巻で…、いや、もうそんな言葉なんか全然ついていかないのですけれども、すごかったです。
| あ行(絲山秋子) | comments(10) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんばんは!
絲山さん、男になっちゃった?と思うほどの自然な語り口に惚れ惚れしちゃいました!
祈りを捧げるところ、力強かったですね〜
私も上手く感想をまとめられなくて、数日悶々としちゃいました。
好きな作品なんだけど、上手く言葉にできないんです。
| エビノート | 2007/03/03 10:05 PM |
エビノートさん、ほんとあの男らしさには、惚れてしまいそうです…。感想は…無理です、きっとそういう本じゃないんです!(逆切れ?!)
| chiekoa | 2007/03/05 12:44 PM |
図書館の新刊コーナーに、ぽつんと取り残されてたので、
(新品のきれいな本好きの私)
借りてみましたが。。。
期待してなかっただけに、当たり!!って感じで、嬉しかったです。
でも、同じく。。。感想をどう書けばいいのか。。。
悩んでたのですが、
そうなんですよね、感想はどうでもいいんですよね、
満足の読後感が味わえたんですもん。
| 百子 | 2007/03/05 9:34 PM |
最初につかまれて、というのはありませんでしたが、
期待してなかったので、とっても楽しめました。
もちろん、まとめにくかったです。
ラストシーンで、タイトルに納得でした。

| 藍色 | 2007/03/06 3:10 AM |
百子さん、そう、感想なんて…!絲山さんの本の前に…!
でもさっと借りられたなんてうらやましいです。
私は相当順番を待ちました…。

藍色さん、みなさん同じ実感をお持ちでうれしいです…(笑)。
このタイトルは、読み終わってみるとホントに素晴らしい!のひと言に尽きますよね。
| chiekoa | 2007/03/07 4:09 PM |
うまいですよね〜ほんとに、ほれぼれ。ますます絲山さんのファンになりました♪こんな生き方したいものだ。と真剣に思ってみたりもしました(笑)。
| まみみ | 2007/03/13 8:16 PM |
まみみさん、こんな生き方というと…トラバター??
それもまたよし!女らしくて男らしい、絲山さんに惚れ惚れです。
| chiekoa | 2007/03/14 1:04 PM |
ほんと「ノックアウト」です。
絲山さんって、虎バターかと思えばこんなに豪気で男前だし・・。
どこまでも付いていきます!
| june | 2007/03/29 3:31 PM |
juneさんの「おっさん」発言には爆笑しましたが!(笑)
しびれますよね〜、あぁ、この両方が女です!そうなのです!
ロックンロールバンザイ!です。
| chiekoa | 2007/03/30 1:12 PM |
TBさせていただきました。

世間からズレまくりの男でしたが、どこか憎めない不思議な魅力があったと思います。
| タウム | 2007/05/30 7:55 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
エスケイプ/アブセント 〔絲山秋子〕
エスケイプ/アブセント絲山 秋子 新潮社 2006-12売り上げランキング : 52409おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。 だが人生は、まだたっぷりと残っている。 旅先の京都で始まった、長屋の教会
| まったり読書日記 | 2007/03/03 10:00 PM |
エスケイプ/アブセント 絲山秋子
装幀は池田進吾(67)。初出「新潮」2006年11月号。 エスケイプ・・・闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。主人公で語り手の江崎正臣四十歳の、二00六年夏。故郷、仙台にいる妹のやよいが念願の託児所を
| 粋な提案 | 2007/03/06 3:13 AM |
「エスケイプ/アブセント」 絲山秋子
エスケイプ アブセントposted with 簡単リンクくん at 2007. 2.27糸山 秋子著新潮社 (2006.12)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/13 8:14 PM |
「エスケイプ/アブセント」絲山秋子
エスケイプ/アブセント これ、文章はまぎれもなく絲山さんなんですけど、知らずに読んでいたらおっさん、いえ男性の書いたものだと思いそうです。革命家をやめた男の視線というか独白が読ませます。あいかわらず絲山さんすごいです。男らしすぎます。恋で虎バターに
| 本のある生活 | 2007/03/29 3:31 PM |
「エスケイプ/アブセント」絲山秋子
タイトル:エスケイプ/アブセント 著者  :絲山秋子 出版社 :新潮社 読書期間:2007/05/07 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] 闘争と潜伏にあけくれ、20年を棒に振った「おれ」。だが人生は、まだたっぷりと残っている。旅先の京都で始まっ
| AOCHAN-Blog | 2007/06/14 10:58 PM |