プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< エスケイプ/アブセント [絲山秋子] | Top | ハンプティ・ダンプティは塀の中 [蒼井上鷹] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
また会う日まで [柴崎友香]
4309018017また会う日まで
柴崎 友香
河出書房新社 2007-01

好きなのに今は会えない人がいる……有麻は25歳OL。高校時代、修学旅行2日目の夜。同級生とのある記憶を確かめるため、約束もなしに上京。6日間の東京滞在で、有麻は会いたい人に会えるのか? とびきりの恋愛小説!

読み終わって、↑というこの本の紹介には、個人的には「…?????」とクビをひねっているのですが。これ、恋愛小説じゃないよねぇ…。っていうかテーマが「好きなのにあえない人」とか「会いたい人に会えるのか?」だとも思わなかったのですが。どうなのでしょう。はて。私の読み方が違ってるだけだったらごめんなさい。

とまれ、まぁ大阪から上京した有麻の、「月曜日」から「土曜日」までの6日間の出来事が綴られていることには間違いありません。感想を書くのに「いつもの通り」っていうのもなんなんですけど、非常にいつものとおりの…あの大阪弁の会話が交わされる中での、不思議と静かな描写で綴られた、ゆるい雰囲気の小説です。「大阪弁」「カメラ」「異性の友達」「距離」ってのは、なんか過去の作品にも共通したキーワードなのかなぁと思ったりしました。

今回は主人公が上京しているので、舞台は東京(あるいはその近郊)です。最初のシーンは工事中の地下鉄半蔵門線・表参道駅。(『ショートカット』にも登場してましたけど、表参道、お好きなのかしら)。今はすっかり新しく完成したこの駅の、当時実際に工事中だったところを私は散々自分の目で見ているのですが、なんかすごいなと、思ってしまいました。この描写は、まさにあのときの「表参道駅」です。今回は表参道だから、私にもそのすごさが改めて実感したのですが、今までのあの「大阪」の描写も、知ってる人が読んだらやっぱり「すごい」と思うんだろうなぁと、しみじみ思いました。

これから先発表されるであろう作品もこの雰囲気で行くのか、またはどこかでがらっと変わるのか、そういうところも含めて、それを読むのがとっても楽しみです。

あ、そうそう、個人的には「F1ネタ」が途中でちょびっと出てきたのがうれしかったです(笑)。あぁ、あそこ私だったらもっと熱く語るのに…!(迷惑)。
| さ行(柴崎友香) | comments(4) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
再びおじゃまいたします、こんにちは。

私もあおり文句には首を傾げました。いつも思うのですが、柴崎さんの本は「これ!」という明確な目的を目指して書かれていない気がします。興味を持たせるのにはアレくらい書かないといけないのでしょうかね…?
柴崎さんの持つ静けさが好きなので思わず手にとってしまいます。
| 葛葉 | 2007/03/05 2:24 PM |
葛葉さん、同感です同感です。そういうエンタテインメント性を求めてこの本を読んでないんだけどなぁ…。釣られて読んですきになってくれる方がたくさんいたらそれはそれでうれしいかもですけど…。
| chiekoa | 2007/03/05 2:27 PM |
実際にその場所を知っていたら、まさにあのときの、と言えるほど
しっかりと描いているんですね。
その場所のことを知らないので、リアルにはわかりませんでした…。
柴崎さん、静かな雰囲気がいいですよね。

F1ネタ。あぁ、懐かしいです。むかしはよく見ていました。今はまったくです。
シューマッハさんはまだご健在でしょうか!?。
| 藍色 | 2007/03/08 2:52 AM |
藍色さん、そうなんですよ〜、あれは見事です!!
F1、見てらっしゃったんですか?
シューは昨シーズンで引退いたしましたです…(涙)。
あぁ、今年から何を見たらいいのか。
久々のスター不在です。(個人的には)。
| chiekoa | 2007/03/08 12:32 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
また会う日まで 柴崎友香
装幀は原田晃子。2000年、「きょうのできごと」で作家デビュー。主な作品「次の町まで、きみはどんな歌をうたうの?」「青空感傷ツアー」「ショートカット」「フルタイムライフ」「その街の今は」など。 主人公で語
| 粋な提案 | 2007/03/08 2:52 AM |