プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 空の中 [有川浩] | Top | 泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部 [酒見賢一] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
海の底 [有川浩]
4840230927海の底
有川 浩
メディアワークス 2005-06

先日の『空の中』に引き続き、『クジラの彼』を先に読んでしまった私がいまさら読んでいる本家本元シリーズ、『海の底』です。

…もう、読みながら途中で何度泣いたか、数知れません。最後に泣くとか、そういうのはたくさんあるけれど、こんなに最初から最後まで、何度も何度も泣いた本は、あんまりなかったかもしれません。

空の中』の感想でも書きましたが、物語の中でなんども語り手が変わることで、私はいろんな人の気持ちに、立場に立ってこの本を読むことになります。誰も彼も、一方的に悪役に思えてしまうようなあんな人も、実はどれだけいろんなことを考えているか、抱えているか、そのあたりまえのことを思い知ります。

ちなみに、一番号泣してしまったのが、「機動隊の壊走」シーンでした。もう切なくて切なくて胸がぐぅっとしてしまいました。…こういう男の世界が、大好きだったみたいです、私。新しい発見でした…。

さぁ、『空の中』も『海の底』もこれでばっちり。もう一度『クジラの彼』を読まなくちゃ…!それにしても、この本に限らず、これだけの「涙」と「笑い」と「ときめき」を、全部一冊に詰め込んで、そのどれも中途半端じゃ全くない、有川さん、すばらしいの一言です。今まで全然読んでなくて自分はなんてもったいないことをしたんだろう!と思います。これからは蟻ももらさぬ勢いで、全部読みます。絶対読みます。
| あ行(有川浩) | comments(14) | trackbacks(13) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
だから早く映画版「機動警察パトレイバー」を観なさいってば。ついでに映画版の「2」も。日本アニメ史上初といわれるくらい中年男ばっかのアニメなんだから。
ザリガニがよかったですよねぇ。「デッド・ロブスター」霞流一をオススメします。
| すの | 2007/03/08 1:24 PM |
あの、すのさん、私別に中年男が好きなわけでは…(汗)。
いや、すのさんを否定してるわけじゃないですけどぅ。
| chiekoa | 2007/03/08 2:09 PM |
「機動隊の壊走」シーンはすごい迫力でしたね。
何度も読んで元気を出すため、分厚い本だけど
「海」と「空」と「クジラ」を買おうかと検討中です。
| なな | 2007/03/08 8:02 PM |
おもしろく、かつ切なく…エンターテイメント性があふれんばかりの作品でした。有川さんの本、まだ一冊も持ってはいないんですが買い始めたら全作品欲しくなりそうで迷ってます。うぅ。
| まみみ | 2007/03/08 9:17 PM |
こんばんわ^^
またまた失礼いたします!
面白かったですよね〜いいですよね〜大好きです〜^^
「涙」と「笑い」と「ときめき」
まさしくそうですね!「図書館」シリーズもそうですが、本を読んでいてときめく事ができます^^
| 苗坊 | 2007/03/08 11:23 PM |
機動隊から自衛隊へと引き継ぐための戦い。
読んでて理不尽さを感じながらも、戦う男達の姿が印象的でした。
有川さんの作品、あとchiekoaさんが未読なのは、たぶんデビュー作の「塩の街」だけでしょう。
ライトノベルのカテゴリですが有川さんですから、きっと読み応えのある物語でしょうね。
| 藍色 | 2007/03/09 1:41 AM |
え?俺ってchiekoaからすると「ただのくたびれた中年のおじさん」だったんだぁ・・ショック(涙)。
てっきり・・(苦笑)。

| すの | 2007/03/09 7:40 AM |
ななさん、私は買いますよ!(クジラはもう買いましたし)。
必要ですよね、カンフル剤。そばにいてもらわないと!

まみみさん、じゃぁいっしょにコンプリートしちゃいましょう!
おぅ!どれも厚いけど!大丈夫!!(根拠なし)。

苗坊さん、そうなんですよ〜。一筋縄じゃないとこがもう、大好きです!図書館シリーズも、これと通じる部分確かにありますよね。そういう作者さんの声をちゃんと聞きながら読まなくちゃ!と思います。

藍色さん、そうなんですー、あと一冊なんですー。
あれはいわゆるラノベなんですよね。大丈夫かしら、私…。
慣れてないので。(昔はあんなになじんでいたのに…)。
でも読みます。そしてレッツコンプリート!!
| chiekoa | 2007/03/09 4:18 PM |
機動隊の壊走のシーン!あそこは切なかったですっ。
私も熱くなってじわっとしてしまいました。
すぐに「クジラの彼」と「有能な彼女」を読み返したんですけど、
前読んだ時より、ぐっときました。
今私の眼の中にはお星様がキラキラしてるはず♪
| june | 2007/03/13 10:40 PM |
juneさん、あぁ、そんなjuneさんと今すぐ語り合いたいっ!
私はじわっとくるどころか、もう嗚咽を漏らす状態で…。
(一人部屋の中で、怪しいわ…)。
思い出し泣きすらしそうな勢いです。ううう。
| chiekoa | 2007/03/14 1:06 PM |
 有川さん、私はこれが初だったんですが、
 よかったですねー!
 ほかの本もこれからジャンジャン読んでいきたいです。

 語り手が変わることで、それぞれの立場を思い知る。
 それって、有川さんの優しい視点の表れでもあるのかも。
 相手の立場で相手を思いやるのって、大事だよっていう。
 ・・・横道にそれちゃいましたね^^;;

 圭介が最後に“棘”を抜くことができて
 ほんとによかったと思いました。
| miyukichi | 2007/04/01 4:54 PM |
miyukichiさん、これが初ということは、これからまだあれもあれもあれも読めるのですね!きゃ〜、うらやましい!それはとても幸せなことです(笑)。ジャンジャン読んで、たくさん読んで、そして語りましょう!!

有川さんの優しさ…なるほど。つい誰か一人の立場に立ちがちですけど、それってほんとは誉められたことじゃないんですよね。自分自身の生活でも…きっとそうですよね。気をつけなくちゃ!
| chiekoa | 2007/04/02 3:06 PM |
私が初めて出会った有川作品です!!この作品に出会わなかったら、私が自衛官になる事は無かったでしょう。
俸給で有川作品3冊買いました!今度、読後感でどれを発表しようか悩んでます(笑)
| あやなみ | 2007/05/14 10:44 PM |
こんにちは!

自衛隊三部作…
ようやく戦いが終わりましたぁ。

日本防衛の無策ぶりを指摘するなんて、まるで社会派と錯覚するような有川さん(笑

最後は想像どおりでしたが、やっぱりニヤッと。
| じゅずじ | 2008/06/12 10:50 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「海の底」有川浩
「海の底」有川浩(2005)☆☆☆☆☆ ※[913]、国内、現代、小説、SF、水棲生物、突然変異、海上自衛隊、潜水艦、警察、自衛隊、特撮、ライトノベル これは十五少年漂流記だなと思ったら、作者あとがきに「潜水艦で十五少年漂流記」とあった。ちぇっ、そのままじゃ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/03/08 1:20 PM |
「海の底」有川浩
海の底 有川 浩 米軍横須賀基地で催される春の「桜祭り」の最中、突然体長1〜3メートル程の赤い甲殻類の群れが人間に襲い掛かります。その巨大甲殻類・レガリスに襲われそうになり、停泊中の潜水艦きりしおに乗り込んだ小学生から高校生までの13人の子供達と
| ナナメモ | 2007/03/08 8:02 PM |
「海の底」 有川浩
海の底posted with 簡単リンクくん at 2006. 5.28有川 浩著メディアワークス (2005.6)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/08 9:16 PM |
海の底 有川浩
海の底 横須賀に巨大甲殻類の大群が押し寄せてきた! 一般人も巻き込まれ大パニック状態で、犠牲者も多く出た。 海上自衛隊の夏木大和と冬原晴臣は、艦長の命と引き換えに13人の子ども達を助け出した。 しかし、非難した場所は巨大甲殻類が周りを取り囲む潜水艦「き
| 苗坊の読書日記 | 2007/03/08 11:21 PM |
『海の底』
『海の底』有川浩/著(メディアワークス刊)待ちに待った、有川浩さんの第3作『海の底』です。海自もので潜水艦もの、という先行情報を聞いていたのですが、僕の印象では・・・・・・機動隊もの。いやぁ、仕事にかける『漢』の生き様を見せてもらった感じ。結構、漢泣
| 怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】 | 2007/03/08 11:39 PM |
海の底 有川浩(ひろ)
装丁・デザインは鎌部善彦。第10回電撃ゲーム小説大賞の大賞を「塩の街」で受賞デビュー。続いていきなりハードカバー単行本第一作として出た「空の中」に次ぐ、ハードカバー単行本第二作目(その後の「図書館戦争」もハードカバー
| 粋な提案 | 2007/03/09 1:42 AM |
海の底
********************************************************************** 横須賀に巨大甲殻類来襲。食われる市民を救助するため 機動隊が横須賀を駆ける。孤立した潜水艦「きりしお」に 逃げ込んだ少年少女の運命は? 海の底からきた「奴ら」から 横須賀を守れるか-!?
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2007/03/12 2:51 PM |
「海の底」有川浩
海の底 くはー!おもしろかったですー!順番を間違えて「クジラの彼」を先に読んでしまったので、後日談とか番外編を既に知ってるわけなんですが、それでも楽しむことができました。ラブロマにドキドキして、男たちの熱いドラマに涙して、子供たちとのドタバタを楽し
| 本のある生活 | 2007/03/13 10:41 PM |
「海の底」有川浩
海の底有川 浩 (2005/06)メディアワークス この商品の詳細を見る 海から横須賀に巨大な甲殻類がわんさと現れ、人間たちを襲い始める。 海上自衛隊の潜水艦「きりしお」の実習幹部・夏木大和と冬原晴臣。 彼ら二人は艦長の犠牲の
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/03/14 5:18 PM |
海の底/有川浩 [Book]
 有川 浩:著 『海の底』    初めて読む有川さん。  まったく予備知識なしに読み始めたら、  予想もしていなかった“あり得ない”展開で、  なんだか冒険小説風。  このところ疲れていて、  本を読んでもなかなか進まなかった私なのに、  ぐいぐいひきつけら
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/04/01 4:36 PM |
海の底 - 有川 浩
有川浩、マジ面白い!!読み始めて物の数分と立たずに物語に引き込んでくれるのが何とも良い感じだ。そして、今回の「海の底」では潜水艦が舞台となる設定も興味深くてサクサクと読
| 脳内TraP | 2007/04/07 9:13 PM |
【海の底】 有川浩 著
陸上自衛隊は塩と戦った [:!:] 航空自衛隊は未確認知的生物と戦った [:!:] そして、海上自衛隊が戦ったもの、、、あれはきっとエビラだ [:びっくり:] でも、がんばってたのは警察だった (笑 ちょっとマジメに日本の防衛の無策を語ってくれたのはうれしい
| じゅずじの旦那 | 2008/06/12 10:29 AM |
有川浩 「海の底」
「空の中」は、あまり面白くなかったですが「海の底」は巨大化した海老が暴\れまわり機動隊と衝突するのは、迫力がありました。
| ゼロから | 2011/01/21 7:59 PM |