プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 海の底 [有川浩] | Top | クロノス・ジョウンターの伝説 [梶尾真治] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部 [酒見賢一]
4163251200泣き虫弱虫諸葛孔明 第2部
酒見 賢一
文藝春秋 2007-02

つい先日、『泣き虫弱虫諸葛孔明』にまさかのどっぱまりをしたわたし。第弐部が出た!というので早速手を出してみました。まだ記憶が新しいから、それなりにつながる…!ちょっとうれしいです。(ちなみにつながらなくても全然楽しいです、これ)。

この巻では、えーと、孔明が劉備軍に参加して、いろいろあって、曹操の軍から逃げるところまでのお話です(たぶん)。例によって例のごとく、この部分がいわゆる「三国志」の中でどんな位置づけなのやらよく分かりませんが。(っていうか「三国志」って、こんなに孔明メインの話じゃないんですよね?きっと)。

そもそも物語を最初から順に追っている、というよりは、ストーリー的にはネタバレありありで、(いつ誰がどうやって死ぬとか出てきちゃうし)、時間軸も場所もあちこち飛ぶし、「こんな説もこんな説もあるけど、でも両方嘘である」とかいきなり「三国志考証」になだれ込んだりするし。ええっ?ストーリーはどうした…!うーん、でもまぁ読んでるとこんなに楽しいからまぁよし!問題なし!なんて素晴らしい本なんでしょう。しかしほんと、そういうのを読んでいると、酒見さんの頭の中にはどれだけ知識が詰まってるんだろう!と、愕然としてしまいます。尊敬してしまいます。すごすぎます。はぁ〜。

しかし、基本の「三国志」を知らずに、この本だけを読んでいるわたくし。今後世の人と三国志について語るときには注意しないと、へんなこと言いそうだなぁと思います。ところで、ぐんしー孔明はいつかっこよくなるのかしら…ならないの?もしかして?!あ、でも今回はやっと最後にキラリとひかる秘術を見せつけてくれた…ような…?あり?

ちなみに、今回一番ツボにはまったのは「フランスの世論はきっと張飛の見方をしてくれる」でした。…あれか!!!(爆笑)。

なお、「別冊文芸春秋」で連載されているこの作品、これで終わりじゃないよね?まだ連載やってるんだよね?と思いチェックしてみたら、2007年3月号で「第参部開始」という記述が。おぉ!やってる!でも、え?開始って…始まったばっかりなの?!というわけで、本になるのをクビを長くして待っております。漢字の読み方と登場人物たちを忘れる前に…ひとつよろしくです。(無理だろうなぁ。3年コースだ…。)(あ、でもさすがにこれだけ各自のキャラが強烈だと、そうそう忘れないかも…!)
| さ行(酒見賢一) | comments(5) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
ちーす。
ねっねっ!趙雲は活躍した?
「三国志」の趙雲の大活躍に、すげ〜興奮した口なんで気になる!
やっぱり「アチョー」した(笑)?
| しんちゃん | 2007/03/09 1:41 PM |
なんかもー爆笑ですよね。外で読むと不審人物になること必至っていうかー。第三部の情報ありがとうございます!結構先になりそうですね。まあ忘れててもそれはそれで楽しめるでしょうし、OKということで。
| まみみ | 2007/03/09 3:28 PM |
しんちゃんさん、ふふふ…えらいこっちゃですよ!えらいこっちゃですよ!あぁ!大変なことですよ!詳細は…読んでください、ふふふふふ。

まみみさん、ありがとうございましたー!
おかげさまでこんなに早く読めました…♪
ほんと、忘れても絶対楽しめる自信があるところがこの本のすごいところだと思います(笑)。なんにせよ楽しみです!あぁ、3年後、私はどこでどうしているのやら…(遠い目)。
| chiekoa | 2007/03/09 6:16 PM |
ふふふふ。趙雲と張飛がすごい大暴れでしたね!
殺戮マシーンぶりを存分に楽しめました。
人殺しをこんなに面白がるなんていいのかな。いいんでしょう!
| しんちゃん | 2007/04/09 5:21 PM |
しんちゃんさん、お、読まれましたね!
いやーん、すごくなかったですか?(笑)。
彼らなら許されるのです、ええ、きっと!
| chiekoa | 2007/04/09 5:24 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「泣き虫弱虫諸葛孔明 第二部」 酒見賢一
泣き虫弱虫諸葛孔明 第2部posted with 簡単リンクくん at 2007. 2.26酒見 賢一著文芸春秋 (2007.2)通常24時間以内に発送します。オンライン書店ビーケーワンで詳細を見る
| 今日何読んだ?どうだった?? | 2007/03/09 3:38 PM |
「泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部」酒見賢一
泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部酒見 賢一 (2007/02)文藝春秋 この商品の詳細を見る またもや破天荒な孔明に再会しました。 そして今回もやはりニヤリ笑いの連続。 本書では孔明出盧から、曹操の襲撃で逃げる劉備軍と民たち。 その
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/09 5:16 PM |
泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部 酒見賢一
泣き虫弱虫 諸葛孔明 第弐部 ■やぎっちょ書評 いよいよ活動っぽくなってきましたね。というか、1部が荊州で三顧の礼まで。で、2部が長坂坡でしょ。ぶっちゃけ1部はなあなあ生活。2部は逃げまくり。 この面目躍如まるでなしでここまで来て良いものか。孔明いいとこな
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/04/13 12:42 PM |