プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 泣き虫弱虫諸葛孔明 第弐部 [酒見賢一] | Top | 学園のパーシモン [井上荒野] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
クロノス・ジョウンターの伝説 [梶尾真治]
4257790539新編クロノス・ジョウンターの伝説
梶尾 真治
朝日ソノラマ 2005-07

物質過去噴出機、「クロノス・ジョウンター」。それは人や物を時間を遡って過去に送ることができる装置。ただし、過去にいられる時間には限りがあり、その時間を過ぎると遡行年数+遡行年数の二乗の未来にまで飛ばされてしまう―。そんなタイムマシンを開発した会社に勤めている吹原。彼の身にある日起こった出来事は…。

ネタバレありです。

映画化されたり、キャラメルボックスでは舞台化されたりしている作品です。読んで思ったのは…「私はこれを舞台で見たら絶対泣くな!」でした。活字で読んでいると、どうも冷静になってしまうというか、「こんなんでそこまでしちゃうほどの愛が?!」というあたりで説得力が感じられなかったというか疑問が生じてしまい…、切なくもならず、泣きもせず、すいません、心乾いてて…。でも舞台だったらそのあたりとかはその場の勢いというか、雰囲気と演技力でカバーできちゃうんじゃないかなぁと思って。ちょっとキャラメルで舞台になったところを想像してみたら…あぁ、そしたら感動するかも、と思ったのでした。

この本に収録されているのは「吹原和彦の軌跡」「布川輝良の軌跡」「鈴谷樹里の軌跡」の三本です(文庫とは構成が違う模様)。一番状況的にしんどく感動するはずの「吹原和彦の軌跡」で一番「うーむ」となってしまってごめんなさい。他の二編はハッピーエンドですから、めでたしめでたしでよいんですけど。(なんか心の入っていない感想…)。

…私はもしかしたら梶尾さんとはあわないのかもしれない…と思ったりします。原作としてはすばらしい(映像化・舞台化された作品たちは好き)と思うのだけれど、その「小説」という形での魅力を感じることができないらしいというか、アイディアはいいんだけど文章で泣けないというか、あわわ、えらそうですいません…。私の感受性の問題もあるのでしょうが、なんとなくの印象です。はい…。

舞台のほうを、なんとかして見たいと思います。(DVD出てるはずだ…!)
| か行(その他) | comments(3) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
キャラメルの「クロノス」(吹原和彦の軌跡)はすごくいい舞台でした。個人的な感想ですが、原作を読んでいて納得できなかった部分がしっくりきました。私もどうしても原作を読んだ時点ではそこまでつっぱしることが納得いかなかったんです。確かに好きなのだろうけど、でも…。と距離を置いて見てしまったんです。それが見事舞台では払拭されました。ぜひぜひ観てください!!
ちなみに「布川輝良〜」と「鈴谷樹里〜」もキャラメルが舞台化していますのでぜひこちらも!(まるで回し者でみたいですみません。笑)
| 葛葉 | 2007/03/11 11:14 PM |
葛葉さんは見られたんですね!いいなぁ〜。
三部作のDVDボックスが完売だったのでどうしようかと悩み中です(笑)。
キャラメルにはもう相当貢いできちゃったしなぁ…(汗)。
でもほんと、キャラメルのを見たら絶対泣くんです、いいにきまってるんです、見たいんです、あぁ!
| chiekoa | 2007/03/12 11:46 AM |
またまた TBさせていただきました・・・・。
舞台もあるんですね☆
| ちえりん | 2007/04/22 12:49 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
梶尾真治『新編クロノス・ジョウンターの伝説』
新編クロノス・ジョウンターの伝説/梶尾 真治 ¥1,050 Amazon.co.jp 映画「この胸いっぱいの愛を」 の原作ということで読みました。 でも 全然 違うんです。 この原作から 何故 あの映画が。。。。なんて 思ってしまうけれども この原作本も 映
| 時遊くらぶ-図書館- | 2007/04/22 12:48 AM |