プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< あなたがパラダイス [平安寿子] | Top | 5 [佐藤正午] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
犯人に告ぐ [雫井脩介]
4575234990犯人に告ぐ
雫井 脩介
双葉社 2004-07

神奈川県警で特殊犯係の管理官を務めていた巻島史彦。過去に起こった誘拐事件での失態を追求され、地方に飛ばされていた彼だが、頻発する幼児連続殺人事件の捜査のために再び呼び戻されることに。警察がぶち上げたその解決策とは…。

かなり分厚く、かつ二段組で、かなり読み応えのある一冊なのですが、どうして一気に読み終わりました。面白かった…といったら不謹慎なほど、シリアスに心にぐっとくる物語でしたが、でも、読んでる間、ほかの事を忘れるくらいに面白かったです。時間が経つのを忘れました。姿の見えない犯人と、それを追う刑事。そんな刑事を取り巻く様々な問題、足元を掬うかのような出来事。あぁ!どうしたらいいの!(←どうしようもできないってば)。どきどきして、はらはらして、なんかこういうまさに王道のミステリーを久しぶりに読んだなぁ…という感じ。堪能しました。はぁ〜(うれしいため息)。

私は雫井さんの本を『クローズド・ノート』しか読んでいなかったのですが、あれを読んだ方々が「あの雫井さんがこんなのも書くなんて!」とびっくりされていたわけがやっとわかりました(笑)。なるほど、全然違いますもんね、これ。でもあれはあれで、こっちはこっちで、私は両方素晴らしいと思うし、好きです。

なおこの作品、舞台が横浜ということで、ただでさえ知ってる地名がバンバン出てきてうれしかったのですが、最後の最後に至ってはもうものすごーくうちの近所(隣の駅だよ!)で、あぁこれが現実だったら我が家も捜査範囲内で掌紋採られちゃうわ!とか思ったり、なんか大筋とは関係ないところでわりとテンションが上がりました。
| さ行(その他) | comments(13) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
おお〜さっそく読みましたかっ。
そうそう、分厚いうえにページ2段なので最初はうわって思ったんですけど
面白くてあれよあれよという間に読めてしまうんですよね。

ちえこあさんは横浜にお住まいでしたか。
舞台が自分ちの近所だとちょっと嬉しくなっちゃいますよね。

クローズドノートのほうを読んでいないので
ちえこあさんとは逆な「あの雫井さんがこの作品を..?」という思いを感じてみたいと思います。
| まみみ | 2007/03/13 12:35 PM |
まみみさん、(えーと、元マンドリンクラブだとおっしゃっていたまみさんかしら?)はい、がんがんばんばん読んでます!
感想が読書ペースに追いつかない…(笑)。

あれはもう、ほんとのほんとに近所。いつも通ってる!そこ!あぁ!あそこね!というくらいのもので。くふふ。楽しいです、こういうの。

『クローズドノート』は、じゃぁきっとびっくりされると思いますよ〜。感想楽しみにしてます!ぜひ聞かせてくださいね!
| chiekoa | 2007/03/13 12:52 PM |
こんにちは。
これおもしろかったですよね。^^
私は順当に「火の粉」→「犯人に告ぐ」→「クローズドノート」と
読んだので、「こんなのも書くなんて!」派だったのだけど、
いちばんおもしろかったのは「火の粉」かな。
ハラハラドキドキで眠れませんでした・・
つぎはぜひこれを〜♪^^
| ゆか | 2007/03/13 1:35 PM |
『クローズドノート』が雫井さん初読みの人は
まさか同じ人の作品とは思えないでしょうね。

かなりボリュームはありましたけれど
それを感じさせないくらい一気に読みました。
なじみの場所が出てくるとさらに親しみが湧きますね。
| ふらっと | 2007/03/13 2:06 PM |

ちえこあさん、ごめんなさい、上のコメントかいた「まみ」ですが
この間、まみみさんという方がいるのかー...と思っていたせいか
間違ってまみみと書いてしまいました(恥)

えーーと紛らわしい(自分でも間違った)ので
名前変えます.
今後は るー でお願いします(笑)

| るー | 2007/03/13 2:13 PM |
ゆかさん、えー!じゃぁ『火の粉』読まなきゃじゃないですか…!今たまってる本がはけたら、チャレンジしますね!

ふらっとさん、ほんと、読み始める前は三日くらいかかるのかなぁと思ってたんですけど、一日でしたー。一気読み。ご近所だとなんだかそれだけでうれしいです…いろいろ許してしまう(笑)。

まみさん、あらため、るーさん。
了解です!(笑)。るーさんのコメントでなんだか楽しくなって、そのまま今日一日楽しくすごせそうです、ありがとうございます(笑)。

| chiekoa | 2007/03/13 2:45 PM |
最近、王道というか古臭いというか、そういうミステリーを立て続けに読んでいて、少し、疲れています(苦笑)。二年前に、オススメ!と評したこの作品を、いま読んだらどう思うのでしょうね?
この作品と関係ないのですが、丁度読み終えた「冬の砦」(香納諒一)(少し疲れた)も横浜を舞台にしてます。我が家の近くの、閉演した某遊園地を、場所の中心とした周囲。でもchiekoaが読んだら、扱う題材で嫌がるかもしれませんね。たぶん、。
ぼくも雫井氏は「火の粉」→本作→「クローズド・ノート」で、まだ評価の定まらない作家ですが、これからが楽しみですね。あ、ぼくは「火の粉」の扱う題材、人間のドロドロしたモノはあまり好きじゃなかったです。これはぼくの読書嗜好のひとつでもあります。
| すの | 2007/03/14 8:53 AM |
こんにちは!
私は雫井さんの作品は「犯人に告ぐ」が初めてでした。すごくおもしろくて、すぐに「火の粉」を読みました。これも不気味なおもしろさがありました。
その後「虚貌」を読みました。
つまり、彼の新しい作品から逆に読んでいったわけですが、「虚貌」は「こんなのアリ?」って感じで実はちょっと興ざめしたんですよ。
「クローズド・ノート」はラブストーリーと聞いたので、ちょっと敬遠してます。
| | 2007/03/14 12:52 PM |
すのさん、あ、どの遊園地かわかった!最後にもう一度行こうと思って出かけて、ものすごい渋滞に巻き込まれてやめました。懐かしい思い出です。あのジェットコースターは怖かった…。

栞さん、やっぱり『火の粉』はよさげですね、ふむふむ、読まねば。『虚貌』はそうなんですか?でもそういわれるとちょっと怖いもの見たさで読みたくなってきたりして…(笑)。『クローズド・ノート』はぜーーーーんぜんこの本とは雰囲気違います。ラブストーリー、かな、確かに。でもそれだけじゃない部分もある…万年筆とかマンドリンが好きだと楽しめる…かもです(オススメポイントがおかしい!)。
| chiekoa | 2007/03/14 1:12 PM |
そうなんですか。
実は、私マンドリンオーケストラクラブだったんです。
これは読むべきかもですね。
| | 2007/03/15 12:02 AM |
栞さん、ええー!ほんとですか!!
なんて偶然(笑)。だったら読んでみてくださいな♪
しかしわりとマンドリンやってらっしゃった方って多いのですね。
認識を改めねば…!失礼いたしました!
| chiekoa | 2007/03/15 12:58 PM |
こんにちわ☆
読まれたんですね。
本当に「クローズドノート」と同じ本を書いた人とは
思えませんよね。
私はこちらの方が断然すきです。
| ゆき | 2007/03/16 3:33 PM |
ゆきさん、読みましたー!
面白かったです!!他のこっち的な作品も、これからばんばん読もうと思います♪
| chiekoa | 2007/03/16 6:06 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
犯人に告ぐ*雫井脩介
☆☆☆☆・ 犯人に告ぐ雫井 脩介 (2004/07)双葉社 この商品の詳細を見る  「犯人よ、今夜は震えて眠れ」  連続自動殺人事件――  姿見えぬ犯人に、警察はテレビ局と手を組んだ。  史上初の、劇場型捜査が始まる!  
| +++ こんな一冊 +++ | 2007/03/13 2:02 PM |
「犯人に告ぐ」雫井 脩介
「犯人に告ぐ」雫井 脩介 (2004)★★★★☆ ※国内、ミステリー、現代、幼児誘拐、劇場型犯罪、警察 各氏に勧められていた作品。やっと読む機会に恵まれました。一言で言えば、おもしろい、あっという間に一気に読んでしまいました。 神奈川県警の巻島は、
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/03/14 8:39 AM |
犯人に告ぐ
********************************************************************** 連続児童殺人事件―姿見えぬ犯人に 警察はテレビ局と手を組んだ。 史上初の、劇場型捜査が始まる。 ********************************************************************** 分厚い本で4
| 気楽に♪気ままに♪のんびりと♪ | 2007/03/16 3:34 PM |
「犯人に告ぐ」雫井脩介
タイトル:犯人に告ぐ 著者  :雫井脩介 出版社 :双葉社 読書期間:2007/07/03 - 2007/07/05 お勧め度:★★★★ [ Amazon | 楽天ブックス ] 犯人よ、今夜は震えて眠れ-。連続児童殺人事件。姿見えぬ犯人に、警察はテレビ局と手を組んだ。史上初の劇場型捜
| AOCHAN-Blog | 2007/09/18 6:40 PM |