プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 無銭優雅 [山田詠美] | Top | 蒼穹の昴(2) [浅田次郎] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
蒼穹の昴(1) [浅田次郎]
4062748916蒼穹の昴(1)
浅田 次郎
講談社 2004-10-15

汝は必ずや、あまねく天下の財宝を手中に収むるであろう―中国清朝末期、貧しき糞拾いの少年・春児は、占い師の予言を通じ、科挙の試験を受ける幼なじみの兄貴分・文秀に従って都へ上った。都で袂を分かち、それぞれの志を胸に歩み始めた二人を待ち受ける宿命の覇道は…。

酒見さんの『泣き虫弱虫諸葛孔明』を読んで以来、にわか中国歴史モノブームがやってきているわたくし。というわけで勢いに乗って、ずっと読もうと思って読めずにいたこの作品を読み始めることにしました。読み始めたときは人の名前の読み方が日本語読みでなく中国語読みなことにとまどい、最後まで大丈夫か?!と心配になったのですが、きちんと各ページごとにフリガナをふってくれているので、問題ありませんでした。よかった…。

文庫版では全四巻。この第一巻でメインになっているのは、街の老婆に「宰相か大臣になり天子を助ける」と予言された文秀(ウェンシウ)と、「この世のお宝を全て手にする」と予言された春児(チュンル)の物語です。

いいとこのボンボンで、次男ゆえに全く期待されておらず、それどころか奇人変人扱いされていたのに、その兄を差し置いて科挙の試験に受かってしまった文秀。貧乏暮らしを抜け出すために、なんとか予言どおりにお宝を手に入れたい春児。春児の亡き兄が文秀と義兄弟の間柄だったということで仲がよかったこの二人の関係が、文秀が試験に受かったことで今後どうなっていくのか。果たして予言は的中するのか。彼らの運命は。先が気にかかるところです。

それにしても、私の中ではこれも三国志も「中国の昔の話」でひとくくりのイメージだったんですけど、三国志はこの『蒼穹の昴』の作中においてをや「古典」なんですね!さすが中国…歴史が長いです。

『蒼穹の昴』
・蒼穹の昴(1)
蒼穹の昴(2)
蒼穹の昴(3)
蒼穹の昴(4)
| あ行(浅田次郎) | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
わ..蒼穹の昴じゃないですか..

私は浅田次郎の本はこれが初読みだったので、
どんなもんだろーと訝しみながら読んだのですが...
読み終わった今ではこの本をかざされたら思わず
「ははぁ〜〜」とひれ伏してしまうような、そんな1冊となりました(^^;

全巻読み終わったあとのちえこあさんの感想や読み終わった直後の状態など、
今から楽しみにしてま〜す♪
| るー | 2007/03/19 2:16 PM |
るーさん、はい、実は一日で一気に読み終わりまして…!
うっかり勢いで『珍妃の井戸』まで行ってしまったりもしております。今は虚脱状態です…感嘆のため息をつくばかり。感想は書いたので、一日一冊ずつあげていきますが、今となってはこの一巻の自分のテンションをしかりつけたいくらいです。わたしも「ははぁ〜」です…!
| chiekoa | 2007/03/19 2:26 PM |
お疲れ様です。「ははあー」な本ですよね、確かに。昨年読んだ中でベスト1位あたりの本です(って適当な。)
浅田さんはあたりはずれがあるような気がするのですが(現代モノは時々オヤジ臭いです)、この作品は素晴らしいですね。本当に。
| ざれこ | 2007/03/20 12:28 AM |
ざれこさま、おかげで…この本に出会えました。よかったです。ほんとうにありがとうございました!私はまだオヤジ臭いのにはあたってない模様(笑)。しばらくはこの感動がでかすぎて、他の作品には手を出せなさそうです…。
| chiekoa | 2007/03/20 12:30 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「蒼穹の昴」浅田次郎
一週間どっぷりはまって、読み終わってあまりの感動にちょっと喪失状態、 もう感想とか書くのやめよう、この作品に私ごときが感想を書くのは 「不敬である、控えよ」って感じやし、うまく書けそうにないしな、と、 読んだあともしばらく呆然としていた。私にとっ
| 本を読む女。改訂版 | 2007/03/20 12:26 AM |
蒼穹の昴(1)
この本ほど、読みおわるのがもったいないと思った作品はありません。エンターテイメント性に富み、泣かせどころも随所に配置しながら、歴史の大局を崩すことのないストーリー展開は、もう圧巻です。この本に出会えたことに感謝しなければなりません。 物語の終盤は、
| 本を読もう | 2007/05/03 11:44 AM |