プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 最愛 [真保裕一] | Top | yomyom ヨムヨム Vol.2 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
珍妃の井戸 [浅田次郎]
4062750414珍妃の井戸
浅田 次郎
講談社 2005-04

列強諸国に蹂躙され荒廃した清朝最末期の北京。その混乱のさなか、紫禁城の奥深くでひとりの妃が無残に命を奪われた。皇帝の寵愛を一身に受けた美しい妃は、何故、誰に殺されたのか?犯人探しに乗り出した日英独露の高官が知った、あまりにも切ない真相とは―。

蒼穹の昴』にあまりにもはまったので、そのままこちら『珍妃の井戸』に突入してしまいました。時期的には『蒼穹の昴』のラストから二年後、義和団の乱(なんか歴史でやった気がするんだけど、まったく覚えておらず不覚)のさらに後のお話です。

蒼穹の昴』に出てきた登場人物たちの、その後がわかる、という点で番外編的な役割も負っているのかなと思います。とはいえ、トーンが全然違うというか、ああいう壮大な歴史と人間のドラマ!という感じではなく、ちょっと推理小説っぽい、軽い読み物っぽい感じになっています(と私は思いました)。

今回の主役は『蒼穹の昴』の当事者たちでなく、あの物語にとっては第三者である四人の貴族たち。事件の真相を追う彼らが、関係者たちに話を聞くという、インタビュー形式で物語が進んでいきます。その話を聞かれるのが、トーマス・バートンであり、蘭琴であり、袁世凱であり、珍妃の姉であり、そのおつきの宦官であり…。でも各自の証言する内容が全部が全部バラバラなのです。いったい真相は何だったのか?!誰が嘘をついていて、誰が本当のことを言っているのか?読み進めるにつれ、もうどんどんわからなくなります。しかしあまりにもみんな正々堂々と大きな声で嘘を付きすぎる…いけしゃぁしゃぁってこんな感じ?四人の貴族もごくろうなことだわ…という心境に。

「その後」を知ることができてうれしかったですけど、でもこの結末は…切ないですね。真相がどうだったのか、それはわかりません。そういう意味で、やっぱりこれはただの「推理小説」ではないんだろうなと思います。ただひたすら…切ないです。人の、国の、世界の思い、悲しみ。いろんなことがぐわっと浮かんできて、切ないです。

ちなみに、以下、自分のための参考資料。実在の人物たちの紹介へのリンクです。
ああ、ホントに実在していたんだなぁと、しみじみ…。

西太后 / 光緒帝 / 李鴻章 / 袁世凱 / 康有為 / 恭親王 /

なお、『蒼穹の昴』を読み始めたときは、人の名前の読み方が日本語読みでなく中国語読みなことにとまどい、最後まで大丈夫か?!と心配になっていた私ですが、今となっては逆に日本語読みに違和感を感じるという…。「せいたいこう」じゃなくて「シータイホウ」じゃなくちゃいや!…そんな自分にちょっととまどったくらいのものです。はまってますね。そんな自分がうれしかったりします。リッパに育ちました(?!)。

『蒼穹の昴』(文庫版全四巻)感想
蒼穹の昴(1)
蒼穹の昴(2)
蒼穹の昴(3)
蒼穹の昴(4)
| あ行(浅田次郎) | comments(4) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
私は昨年「蒼穹の昴」を再読した流れで、こちらも再読しました。「蒼穹の昴」とは違った描き方でしたが、本当に切なくて、考えさせられました。「中原の虹」は一応買っているのですが、まだ積んだまま・・。
それにしてもchiekoaさん、日本語読みに違和感なんて、すご〜い。勉強しておられますね〜
「蒼穹の昴」とあわせてTBさせていただきます。
| EKKO | 2007/03/24 10:26 AM |
EKKOさん、いや、『蒼穹の昴』四巻を読む間に、すっかりあの読み方になじんでいたのに、その続きのような『珍妃の井戸』で急に日本語読みになったので…なんでよ!と(笑)。
『中原の虹』はいつ完結するのでしょうか。連続してすぐ四巻出るのかと思っていたのですが…どきどきですね。首を長くして待ってます!
| chiekoa | 2007/03/25 11:17 AM |
「中原の虹」はいつ揃うんですかね。アマゾンショッピングカードも手に入れ、準備万端なんですが・・・。早くしておくれよ。
私は文秀は「ぶんしゅう」、春児は「ちゅんる」と読み、あとは「りこうしょう」「えんせいがい」「せいたいこう」と読んでおりました。邪道?
チュンルだけがなぜ中国読みなのか・・、「しゅんじ」も「はるじ」も嫌だったからとしか言いようがない〈笑)
| ざれこ | 2007/03/25 11:32 PM |
ざれこさん、待ってる間にカードの残高がなくなりそうですよね…。私はいちおう中国読みになじみこそしましたが、文秀(ウェンシウ)も春児(チュンル)も、何度出てきても覚えなかったです(笑)。特にチュンル。毎回毎回のフリガナに助けられました。間違って読んでてもすぐ正されますからね…ありがとう、講談社文庫。
| chiekoa | 2007/03/26 12:21 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
『珍妃の井戸』  浅田次郎  講談社文庫
この本を読むのは3回目です。 最初に読んだのは、7〜8年前、「蒼穹の昴」を読む前でした。そして次に読んだのが、読書サイト「本のプロ」に登録した頃。浅田作品を何か紹介したくて、手元にあった本書を再読したのでした。(記事はこちら) そして、今回。や
| アン・バランス・ダイアリー | 2007/03/24 10:27 AM |
「珍妃の井戸」浅田次郎
珍妃の井戸発売元: 講談社価格: ¥ 660発売日: 2005/04売上ランキング: 70846おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/10/05 「蒼穹の昴」の続編とも番外編とも姉妹編とも取れそうなそんな作品。 時代は「蒼穹の昴」よりも少し後、義和団事変(1900年)が
| 本を読む女。改訂版 | 2007/03/25 11:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/28 7:19 PM |