プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< ピーチコブラーは嘘をつく [ジョアン・フルーク] | Top | ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを [カート・ヴォネガット・ジュニア] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ぼくの手はきみのために [市川拓司]
4048737511ぼくの手はきみのために
市川 拓司
角川書店 2007-03

幼馴染のひろと聡美。小さい頃は聡美が弱虫のひろを守ってくれた。が、11歳の夏、聡美は突如、倒れてしまう。さまざまな治療を試みるが、結局発作を止められたのは、背中をさすってくれるひろの手だけだった…「ぼくの手はきみのために」。
集団の中で暮らすことが難しい心の不自由さを持つ康生と恋に落ちた真帆。年齢差や、康生に息子がいることなどは障害にならず、2人はおだやかなペースで絆を深めていく。が、初めて結ばれた翌日、2人に思いがけない出来事が…「透明な軌跡」。
妹の子供である貴幸を育ててきた寛一は、ある日、「あなたの子供だ」と連れて来られた初恵をも引き取って育てはじめた。血の繋がらない人は、貧乏ながらも、太い揺るぎない絆で結ばれていく。彼らが最後に行きつく、幸せの場所は…「黄昏の谷」。

以上三作品が収録された作品集です。

全体を通して言えることは、目立たず、市井の片隅で、でもそれぞれに精一杯生きている、少し変わった人々の小さな「愛」の物語…と言ったところでしょうか。現実感はあんまりないです。ちょっと現実からはみでてしまった、不器用な人々の物語。でもそれがつらいとかそういうお話じゃなくて、そこで、その中で、彼らなりになんとかやっているというか、光は射している、そういう感じです。(なんだかあやふやだなぁ…)。

でもそんな彼らの不器用さに、私は心が痛むわけではなくて、(冷たいって言われちゃうと悲しいですけど)、でもこう、幸せにやっているのならそれでなによりというか、こんな風に存在を許されているならいいじゃないか、よかったね、と思ったりしました。この人の書くものは、ほんとうにあったかくて、優しくて、一生懸命なんだなぁ…。今の自分はそういう場所からちょっと離れてしまっているから、つい遠くを見る目、冷めた目で見てしまうけれど、というか正直に言うと他人の幸せがうらやましいのですけれども(笑)、でも、私もいつかこういう場所に行けたらいいなぁとも、思ったりしたのでした。

表紙の絵が、あったかくてあったかくて、とても好きです。
| あ行(市川拓司) | comments(9) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
初めまして♪
すごく分かりやすいレビューで、どの本も、未読の物は読みたくなっちゃいました。
私は、呑まない日もなければ、読まない日もないです(笑)
| 可憐 | 2007/03/26 6:22 PM |
可憐さん、こんにちわ!
わー、そんなこと言っていただけると、とってもうれしいです。
図に乗らないように気をつけます、わわわ。
もし読んだ本があったら感想とか聞かせていただけるとうれしいです!
| chiekoa | 2007/03/26 7:09 PM |
こんにちは。
表題作だけ「野生時代」だったかな・・・掲載時に読みました。
でもちえこあさんのレビューを読んでもう一度読んでみたくなっちゃった。
ほかの2つは未読だし、図書館でさがしてみよう♪^^
| ゆか | 2007/03/26 7:29 PM |
すごく思い入れの強い作家さんなので、
久しぶりに読めてうれしかったというのが、正直なところです。
人々の不器用さが自分と重なってるような気がして。
もちろん、読んでてうらやましさもいっぱいありました(笑)。
| 藍色 | 2007/03/27 3:07 AM |
ゆかさん、他の作品も全部「野生時代」に掲載されてたやつみたいです。あの手の雑誌はノーチェックなので、こうやって単行本になってくれないと読まない…(汗)。不勉強でやになっちゃいます!あ、もし図書館で予約が長そうだったら声をかけていただければお貸ししますので♪

藍色さん、私も久しぶりに読めてうれしかったです!思い入れがあるだけに、読むまではちょっとびくびくしてしまったのですが…(笑)。あのあったかさはすごく好きです。
| chiekoa | 2007/03/27 12:38 PM |
本当、そうですね。ちょっと変わった人たちの小さな愛の物語。
私は「透明な軌道」が一番好きです。彼らの壊れやすい心を、ずっとずっと見守ってあげたい!優しい気持ちになれました。
| じゃじゃまま | 2007/03/28 9:24 PM |
じゃじゃままさん、「透明な軌跡」の展開には最初ちょっとびっくりしましたけど、でもいいですね。ああいうミニチュアの町並みって、実際作者さんが作ってらっしゃるみたいですね…(ブログかなにかで見ました)。いろいろご自身が反映されてるのかな?と思ったりします。
| chiekoa | 2007/03/29 11:25 AM |
おはようございます。
充電終了、元気一杯の私です!!!

>現実からはみでてしまった、不器用な人々の物語
そうなんですよね。だけど愛が深い。
病気だろうと、世の中に適合してなかろうと、好きになったら
そういうところも全てひっくるめて「好き」なんだよなって
強く思いました。

表紙の絵、4色ペンギン。かわいいですね。
| なな | 2007/04/01 7:42 AM |
ななさん、いやー、この人たちのことは、私はほんとうらやましかったです…。なんだかんだ言って、幸せになる話ですから。いけないわ、と思いつつ(笑)。しかし帯に書いてあった「深愛」って単語はちょっとどうよと思ってしまいました。「純愛」の次は「深愛」ってことですかねぇ〜。せっかくよい本を読んだのに、そういうところでちょっと興ざめしてみたり…もったいない。
| chiekoa | 2007/04/01 12:52 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
ぼくの手はきみのために 市川拓司
装画は木内達朗。装丁は小沢和。各編「野性時代」掲載。 市川さんの本は「恋愛寫眞―もうひとつの物語」が最初。映画(未見)へのオマージュらしいのですが、妙に心に残りました。次に「Separation」で気に入って「いま、
| 粋な提案 | 2007/03/27 3:08 AM |
ぼくの手はきみのために 市川拓司著。
ああ、そうだよね~。市川作品は、愛する者が病に冒され、優しさに満ちたファンタジー、私の中ではそういう位置付けなんだよね。 幼なじみのひろと聡美。聡美が原因不明の病に冒されても、ずっと二人はそばにいる。でもそのうちひろの世界も広がり始め、聡美が急に姿を消
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/03/28 9:22 PM |
「ぼくの手はきみのために」市川拓司
ぼくの手はきみのために 市川 拓司 「ぼくの手はきみのために」「透明な軌道」「黄昏の谷」の3つの物語。 市川さんらしい物語です。生きることに不器用な人たち。だからこそ誰かを愛したら、その気持ちはすごく強い。こんな風にゆっくりとしたペースでだけど
| ナナメモ | 2007/04/01 7:39 AM |
ぼくの手はきみのために 市川拓司
ぼくの手はきみのために ■やぎっちょ書評 久しぶりの市川さんの世界。市川さんの世界は、世間からの孤立と愛する大切な人との関係という前提から成っていると思います。だから、愛がものすごく強くて、一途でぐっと来てしまう。 短編3編のうち最初の「ぼくの手は
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2007/04/10 6:37 PM |