プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 後宮小説 [酒見賢一] | Top | 猫は手がかりを読む [リリアン・J・ブラウン] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
九月の恋と出会うまで [松尾由美]
4104733024九月の恋と出会うまで
松尾 由美
新潮社 2007-02-21

引っ越してきたばかりの部屋で、壁にあいたエアコンの穴から声が聞こえてくることに気付いた志織。1年後の未来から話しかけているのだという声の主が、志織に頼んだこととは…。

感想にネタバレあり。そしてオススメ!

いやーん、よかった!これはよかったです!好き、好きですこういうお話。このまま映画かドラマにしたっていいんじゃないかなぁ。うん。ステキなものになりそうです。

未来の人物「シラノ」からの依頼は、1年前の自分である「平野」を尾行すること。なんのために?という志織の当然の問いを、彼は上手にはぐらかします。そしてなんとなく釈然としないままに実際に尾行を開始する志織。平野の行動にはいったいどういう意味があるのか?シラノの依頼の真意はなんなのか?ミステリィチックな展開に、どきどきしながら一気に読みました。

ラスト、そのシーンにたどり着いてやっと私は「あぁ、ミスリードされていたなぁ!」ということに気付きました。全然全く疑ってなかった。先を読めてるつもりでいました。もうわかったからさ、とっとと話を進めちゃえばいいのに!くらいに思ってました。だからやられた!と思いました。でもそうされていたからこそ、このラストが効いてくるというか、そうだったのか!というか。こういう「やられた!」ならうれしいです。

そしてこの手のSFというか、「タイムパラドクス」がからんでくるものは、いつも頭がぐるぐるしてしまって混乱するのですが、このお話は非常にすっきり爽快。気持ちよくそのあたりのもやもやも解消してくれます。あー、すっきり。うん、よかった!

女の人の場合はあれだよね。相手に見える形で尽くす。こんなに尽くしてるわたしを見て、というところがどこかにあるんじゃないか。だけど男はそうじゃなく、相手の知らないところでひそかに尽くす。そのことにロマンを感じる。
男はみんな奇跡を起こしたいと思ってる。好きになった女の人のために
このあたりのセリフにはぐっと来ました。読んでる間は思わなかったけど、読み終わってみると、この本は確かにラブストーリーです。でもむやみやたらとラブストーリーラブストーリーしていないというか、甘ったるくないというか、うざくないというか、そういうところもよかったなぁと思うわけです。

というわけで、ミステリィとしても、SFとしても、ラブストーリーとしても、すばらしい!というのが私の感想です。なんか、多くを語るのは無粋な気がします。気持ちよくステキな物語を読みたいときに、とってもオススメです。

【追記】
先日ちょうど映画「イルマーレ」をDVDで見たのですが…これはまさに小説版「イルマーレ」ですね!どっちもとても好きです。
| ま行(松尾由美) | comments(7) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
私もミスリードされたまま「はい、はい。もう、いいから出しちゃいなさい!」って思ってました。そしてラストの方で、あれ?あれれ???ってね。

>男はみんな奇跡を起こしたいと思ってる。好きになった女の人のために
奇跡を起こしてほしいものです。ねー!
| なな | 2007/03/30 7:56 AM |
ななさん、あ、同じですねー(笑)。
どんな見当違いの推理をしていたのか、今度暴露しあいましょう…。(最後まで読んだら恥ずかしくてココにはかけなかった(笑))。
あの辺りのセリフ、もうぐーっと来ました、うう。
| chiekoa | 2007/03/30 1:23 PM |
こんにちは。
ちえこあさんの記事を読んで、予約しちゃいました。
たのしみです。
待ってる人、そんなにいなかったので早く読めそう。

そうそう、「ぼくの手はきみのために」もすぐきそうな感じです。
ちえこあさんのやさしい気持ち、いつも感謝しています^^
| ゆか | 2007/03/30 1:40 PM |
本当によかったですよね〜〜。松尾作品は2作目だったと思うんですけど、これで決まり!になりました。
SFだけど、ロマンティックな恋愛小説で一気読みでした。
「シラノ」の正体、途中あえて違う方向にいきましたよね。でもそれじゃおかしいな〜と思ってたので、あのラスト素敵でよかったです。

小学校の時の転校生と再会するのも素敵ですよね。
| じゃじゃまま | 2007/03/30 2:28 PM |
ゆかさん、あ、うれしいです。ぜひぜひ♪
まだ予約待ちそんなにいないんですよ、そうなんですよ。
これから人気出るはず…!(ちょっとくやしいらしい)。

じゃじゃままさん、ほんと一気読みでした!
私は『雨恋』がなんだかダメだった記憶があるのですが(もう何がダメだったかはあまり覚えてないんですけどね…)、これはもうどんぴしゃで好きでした。いろんな伏線が、見事!って感じです。
| chiekoa | 2007/03/30 7:03 PM |
読み終わりました。^^
ちえこあさんの記事を読んでいたので、ミスリードされてたまるもんか〜、なんて思いながら読んでたのですが、おもいっきりミスリードされちゃった☆
読んでいるとちゅうは矛盾点がいくつか浮かんできたのだけど、最後できれいに納得させてくれましたね。
読んでよかったです。ステキだった〜、ちえこあさん紹介してくださってどうもありがとう♪^^
| ゆか | 2007/04/11 8:53 PM |
ゆかさん、まぁ!そんなこと言ってもらって幸せです♪
最後ですっきりする、あの感じがこういうSFで読めるとは!(いつもわからないままうやむやにする…)。全体のバランスがとってもいいですよね。もっと人気でますように〜!!
| chiekoa | 2007/04/12 1:03 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「九月の恋と出会うまで」松尾由美
九月の恋と出会うまで 松尾 由美 旅行代理店に勤める志穂は趣味の写真の現像が元でアパートの隣人ともめた。そんな時駅ビルの雑貨屋で目が合ったくまのぬいぐるみ。目が合った瞬間に「引っ越しちゃえば」って言われたような気がして、アパートを出る決意をした
| ナナメモ | 2007/03/30 7:56 AM |
九月の恋と出会うまで 松尾由美著。
すっごくよかった~!!松尾氏って2作目だったと思うけど、これ読んだら、次も読みたい!って思えた。 すっかり彼女がSF作家?だということ忘れてて、洒落た恋愛小説かと思ってたら、なるほど忘れてないわけね。 タイトルも洒落てるね、意味に気付くと。 まずあのア
| じゃじゃままブックレビュー | 2007/03/30 2:24 PM |
松尾由美『九月の恋と出会うまで』
4/13読了。 松尾さんの最新作。がちがちミステリ路線の作品『バルーン・タウンの殺人』http://pon0196.typepad.jp/b/2003/09/post_9663.html">『安楽椅
| Mt.Kachikachi BLOG | 2007/05/04 6:41 PM |
九月の恋と出会うまで/松尾由美 [Book]
 松尾由美:著 『九月の恋と出会うまで』  九月の恋と出会うまで新潮社このアイテムの詳細を見る  ジャンルでいうと、一応 「SF」 なんでしょうか。  でも、いわゆる 「SF」 チックな小説とは、  全然違ってます。  実際には起こり得ないことにもかかわらず、  
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/06/17 12:28 AM |