プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 猫は手がかりを読む [リリアン・J・ブラウン] | Top | 陋巷に在り(1)儒の巻 [酒見賢一] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
演じられた白い夜 [近藤史恵]
4408533459演じられた白い夜
近藤 史恵
実業之日本社 1998-10

本格推理劇の稽古のために山奥のペンションに集まった俳優たち。ほとんどみな一面識もなく、芝居経験のないものすらいる。主催者は演出家・神内匠。台本はその日の練習分しか渡されないというが、そうすることで、自分の役の心理をしっかり追って、芝居のクオリティを高めてほしいという。とうとう台本に殺人事件が登場した翌日、被害者役の女優が首を吊った。悩みを抱えていたらしい彼女の死は自殺として片づけられたが、数日後、二番目の被害者役の人間も死体となって発見され…。

一気読みしました。読み終わってみればまさに「嵐(今回は雪だけど)の山荘」モノだし、「よくある」話だったのかもしれないですけど、でも読み始めたら止まらなくて最後まで一気でした。少しずつ手渡される台本にそって稽古を進めていく登場人物たち、そしてその芝居の台本どおりに人が死んでいく…。犯人は誰なのか?その目的はなんなのか?非常にシンプルですが、読ませます。文章の調子というか、この語り口が、ぐいぐいと引きこむのです。

難点といえば、いまいちこの主人公の女性に感情移入ができなかったことかな…。彼女の気持ちがよくわからなかったというか、彼女と匠の関係がよく理解できなかったというか、その切なさがわからなかったというか。そこに実感がもてないから、最後のシーンも、これいいシーンなんだろうなと思いつつ、いまいちのめりこめなかったりして。

「掲示板ってなに?」みたいな会話が出てくるあたりにはちょっと時代を感じましたが(今そういうことを聞く人もなかなかいないでしょう)、そういう「掲示板」とか「オフ会」とかいう設定が作中にでてくるっていうことが、当時としては新しかったのかな?!と思ったりしました。
| か行(近藤史恵) | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック