プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 毛布おばけと金曜日の階段 [橋本紡] | Top | 猫はソファをかじる [リリアン・J・ブラウン] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
わが悲しき娼婦たちの思い出 [G・ガルシア=マルケス]
4105090178わが悲しき娼婦たちの思い出
ガブリエル・ガルシア=マルケス 木村 榮一
新潮社 2006-09-28

90歳を迎える記念すべき一夜を、処女と淫らに過ごしたい―。かつては夜の巷の猛者として鳴らした男と、14歳の少女との成り行きは?

先日、川端康成の『眠れる美女』を読んだので、(感想が書けませんでしたが)、それに想を得たというこの作品も読んでみました。「満九十歳の誕生日に、うら若い処女を狂ったように愛して、自分の誕生祝いにしようと考えた」というなかなかに刺激的な一文から始まる、老人の恋の物語…(ですよね?)です。

ふぅむ…確かに、なるほど、あの作品が元になってるっていうのはわかりました。あやしい娼館で眠り続ける少女と、その少女の傍らで眠る老いた男と。そういう設定とかそこで起こる事件とか、そういうのはよく似ています。でもその「老いた男」のキャラがだいぶ違うというか、外国の方はまだまだお元気ねというか…印象はずいぶん違ったような気がします。そもそも彼らにとって「女」がどいういうものかという、その視点が違うし、その「女」をきっかけにどう展開していくかという、それも違いますもんね。

まぁ、私にはどちらの作品も正直「よくわかりませんでした」です。すいません。これがエロイとか言われても、わからないなぁ…。そうか、エロイのか…。 というか「恋」だと言われてもよくわかりません。まだまだ修業が足りない若造です。ふぅむ、いくつになったらこれがわかるようになるのかしら…。
| 海外作品(その他) | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは!
私も分からないなりに気になるところがあって、ガルシア=マルケスと川端康成、ぼちぼちと読み進めていますが・・・ ますます分からない(笑)! でも気になる・・・
| Gori | 2007/04/05 11:35 AM |
Goriさん、こんにちは!
難しい…というか深い…というか、いつか分かるときがくるのでしょうか?!とっても不安ですが…でも訳がよいからすらっと読めるのかなぁと思ったりしました。
| chiekoa | 2007/04/05 12:38 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック