プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< わが悲しき娼婦たちの思い出 [G・ガルシア=マルケス] | Top | 誰にも見えない [藤谷治] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
猫はソファをかじる [リリアン・J・ブラウン]
4150772037猫はソファをかじる
羽田 詩津子 リリアン・J. ブラウン
早川書房 1989-08

過去には事件記者として華々しい活躍をしていたクィラランだが、現在担当させられているのは美術欄。編集長にその不満をぶちまけようとした矢先、今度はインテリア雑誌の編集をさせられる羽目に。なんとか創刊号の発行にこぎつけた彼だが、その中で紹介した家が泥棒に入られてしまい…。

シャム猫ココシリーズ、第二弾。すっかり気に入っていますこのシリーズ。こういう深く考えずに楽に読めるミステリィが心を癒すときもある…えぇ、そうです。そうですとも。

前作『猫は手がかりを読む』で主人を殺されてしまったココを引き取ったクィララン。彼がココと遊ぶ様子がなんとも…かわいらしく!そして楽しそうで!いいなぁ、こんなふうに遊んでくれるにゃんこがうちにいたら…おうちに帰ってもさみしくないのに。とってもうらやましくなってしまいました。っていうか、ココをちゃんと「相棒」として尊重して、きちんと対等に扱ってるクィラランは、ほんといい人なんだなぁと感心。見習わねばですね。ペットは人間の所有物じゃありません。

私は翻訳モノの登場人物たちの「会話」がどうもなじめず、なんというか…あの「英語の歌詞を日本語に直すとそこはかとなく変」というのに通じる違和感があって、一作きりとかだと彼らのキャラがつかめなかったりすることが多いのですが、こうやってシリーズで読んでいくと、だんだんわかってくるのがうれしいです。

とはいえ一度きりの登場人物だとやはり同じで…、日本のミステリィとかだと「こいつあやしいかも?」ってなんとなく思ったりするのが(当たってるにしろ外れてるにしろ)ミステリィを読む醍醐味だと思うのですが、翻訳モノではそれがさっぱりできない(笑)。だってみんな変な会話してるしさ…(なんであんなに「ちょっとおされなおもしろいこと」を皆ムキになって言うのか?言わないといけないのか?あれがアメリカンジョークってやつ?そしてそれが文化ということか…)。

というわけで、謎解きの方はまったく放棄気味だったのですが、でも読書としてとっても楽しかったです。事件がどうとか、犯人がどうというよりは、ただ読んで楽しい感じです。(ぶっちゃけもうどんな事件で誰が犯人だったのかおぼろなほどに…!)

今回はココの遊び相手(?)としてクィラランがもう一匹ネコを飼う事になります。名前は「ヤムヤム」。ココは男の子なので、ヤムヤムは女の子です。なんかかわいい名前だなぁ。今後はこの二匹が一緒にご活躍!の模様なので、またまた先が楽しみです。

「シャム猫ココシリーズ」読了分リスト
1. 猫は手がかりを読む
2. 猫はソファをかじる
| 海外作品(リリアン・J・ブラウン) | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
chiekoaさん、こんばんは。
本屋大賞の記事に惹かれて覗いてみたら
ココシリーズを読んでいらして驚喜しました。
おもわずコメントです。
ワタクシもミステリを読むというよりは
クィラランとココとヤムヤムの関係を楽しんでいます。
なんともいえない良い雰囲気なんですよね。
また続きを読みたくなってきちゃいました♪
| MOW | 2007/04/05 8:43 PM |
MOWさん、こんばんわ!
わぁ、ココシリーズに反応してくださったのはMOWさんが最初です(笑)。いまいちマイナー?面白いのに…。ちなみにさっきまで『猫はスイッチを入れる』を読んでました!この次がやっと「翻訳第一弾」です。楽しみです。MOWさんはどこまで読まれたのでしょうか?追いつける日は遠そうですね〜…。が、がんばります!
| chiekoa | 2007/04/05 10:46 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック