プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 猫はソファをかじる [リリアン・J・ブラウン] | Top | 精霊の守り人 [上橋菜穂子] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
誰にも見えない [藤谷治]
4093877076誰にも見えない
藤谷 治
小学館 2007-03-01

有名私立中学に通う、十四歳の瑠菜。ある日思い立って「日記」をつけることにした瑠菜がつづる、彼女の日々とは…。

うわぁ〜、なんて爽やかで気持ちのいい!びっくりしてしまいました。

この物語は「瑠菜の書いた日記」です。彼女が感じたこと、思ったこと、考えたことが、彼女の言葉で隠すことなく、むき出しに、率直に語られていきます。何がすごいってそれがすごい。だって藤谷さんは大人の男性ですよ?それがこんなふうに…過去に十四歳の女子中学生だったことのある私が読んで、これだけ「そう、そうだった!」ってリアルに胸が痛むような文を書いてしまうんです。す、すごい…。

本が好きな瑠菜。『TSUGUMI』を読み『麦ふみクーツェ』を読み…なんて素晴らしく趣味のよい読書なんでしょう!と、なんかそんなところにも感動してみたりして。

あのくらいの頃、自分の心の中にあった「なにかもやもやしたもの」。瑠菜もそれを抱えていて、それが何なのかを一生懸命考えて、そしてなんとか文字にしようとしています。親という存在、友達との関係、自分の将来―。読んでいるとあの頃の気持ちがぐわっと思い出されてきます。なんか、ちょっと恥ずかしくもなりますけど。だからこの本のラストにはすごく救われたというか、爽快というか、うれしくなりました。

「つらいことが、あっても、ひとりぼっちでも、生きるほかはない。にげ出してもいいし、放り出してもいいし、ひきこもっても、いい。生きなきゃいけない。なんでだか、分かるかい?」
「人間はね、一人のこらず、自分以外のだれかを、しあわせにしないといけないんだよ。一人でも、二人でも、三人でもいい。自分じゃないだれかを、しあわせにするために、人は生きてる。それができないうちは、死のうと思っても、死ねないもんなのさ」
物語の後半、瑠菜が出会ったおじいさんが語る言葉です。この言葉が、この言葉を必要としている誰かのところに届きますように。

今十四歳の人も、昔十四歳だった人も、みんなに読んでほしいなぁと思います。
| は行(藤谷治) | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
わたしもつい昨日読んだばかりですが、良かったです〜。
14歳の女の子の気持ちがわかるなんて藤谷さんすごい。
そしてchiekoaさんが引用されている部分
わたしも何度も読んでしまいました。

瑠菜の読書の趣味が素晴らしいですよねー。
読んでいて嬉しくなっちゃいました。
ばななさんにいしいさんだなんて!!
| kaori | 2007/04/03 11:09 PM |
 chiekoaさんの文章をなにげに読んでて、
 引用のところで涙が出てきちゃいました。。

 いや、別に今、死にたいとか思ってるわけでは
 全然ないんですけど。
 でも、なんか響いてきました。 
 うーん、まだまだ死ねないなぁ・・・。
 
 私もこれ、ぜひ読んでみたいと思いました◎
| miyukichi | 2007/04/04 1:23 AM |
kaoriさん、まぁ!タイミングが同じでしたね♪運命…。
ほんとよかったです…今すぐもう一回読みたいくらい。
そう!あの読書のシュミはステキすぎます。
瑠菜といろいろ語り合いたいです(笑)。

miyukichiさん、なんかそう言っていただけると…
もうもう、ぜひ読んでみてください!
物語の中で読んだら、またきっと違う響き方をすると思います。
作者さんの思いが伝わるというか…直球ですからね!
| chiekoa | 2007/04/04 8:50 PM |
藤谷さん、女子中学生でしたね(笑)

私もあの引用している部分、何度も読み返しました。
私は誰かを幸せにしているんだろうか???
| なな | 2007/04/10 11:43 PM |
ななさん、あの「豪放磊落」という感じの藤谷さんがですよ!
あのかっこよさでこれを書いてしまうんですから、すごいですよね〜。

だれかを幸せに…してますよ!
少なくとも私はいろいろななさんに幸せにしてもらってます!
| chiekoa | 2007/04/11 11:16 AM |
私は最初の1ページ目が衝撃的でした。
この本は読まなきゃ!って。
十四歳の微妙な心をあんなに繊細に書けるなんて...
藤谷さんはすごい!

私も日記書き始めようかな〜。
| ほの | 2007/05/05 8:21 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「誰にも見えない」藤谷治
誰にも見えない 藤谷 治 私立女子中に通う瑠奈の心のうち。 本の内容全然知らずに読み始めたんです。最初のページからビックリしました。「くやしい。」と「うらむ。」だらけなんですもん。何?何なのこれ?って。 14歳の瑠奈の日記のようなもの。学校で
| ナナメモ | 2007/04/10 11:44 PM |
「誰にも見えない」藤谷治
誰にも見えない藤谷 治 (2007/03/01)小学館 この商品の詳細を見る なんにもないのがくやしい。 感情ってなにかが分からない。 こんなことを思う瑠菜は、有名私立中学に通う14歳の女の子。 朝のテレビの星占いで日記をつ
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/05/09 5:34 PM |
誰にもみえない/藤谷 治 [Book]
 藤谷 治:著 『誰にもみえない』  誰にも見えない藤谷 治小学館このアイテムの詳細を見る  朱鷺川大附属中、通称「トキチュー」に通う  14歳の橋口瑠菜が、主人公。  この瑠菜が7語り手となって、  というか瑠菜が日々の思いを書き連ねている  ノートそのもの
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/08/12 4:32 PM |