プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 誰にも見えない [藤谷治] | Top | 陋巷に在り(3)媚の巻 [酒見賢一] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
精霊の守り人 [上橋菜穂子]
4101302723精霊の守り人
上橋 菜穂子
新潮社 2007-03

女ながら腕ききの用心棒であるバルサ。ふとした偶然から新ヨゴ皇国の皇子チャグムの命を救った彼女は、それをきっかけにチャグムの母・二ノ妃から「チャグムを連れて逃げ、彼を守って欲しい」という依頼をされてしまう。チャグムの体には何かが宿っており、そのせいで父である帝から命を狙われているのだというのだ。断ることなどできず、彼を守り逃げることになったバルサ。チャグムの体に宿ったモノとは何なのか?そして二人の運命は…。

ずっと読みたいなぁと思っていたこの「守り人シリーズ」、一作目にあたるこの作品が文庫化されたのを機に、購入して読んでみました。

数百年の歴史を持つ「新ヨゴ皇国」。その建国にまつわる伝説に端を発して、この物語は広がっていきます。人間の住む世界「サグ」と、そして精霊の住む世界「ナユグ」。支えあう二つの世界の間で、長い年月の間に、いつの間にか忘れ去られた、いや、忘れさせられたもの。

読み進めるにつれて、どんどんこの世界にはまりこんでいく自分を感じました。そう、「世界」。ここにはほんとうに新しい「世界」があります。ただ本を読むだけで、その世界が目の前にぐんぐん広がります。そしてこの「世界」は決して単純なファンタジーなどではなく、私たちの生きているこの「世界」の姿を、鏡のように映すものでもあります。こんなに素晴らしい本をなぜ読んでいなかったのか…児童書だから?いやはやもう、不覚です。不覚でした。

チャグムの体に宿ったもの―ニュンガ・ロ・イム(水の守り手)とはいったい何なのか?、伝説の本当の意味とは?、チャグムを狙う父の追っ手と、その体に憑いたモノを狙う幻獣と、二つの死の手からバルサはチャグムを守ることができるのか?

次から次へ、息つく間もなく繰り広げられるストーリーは、文句無く面白く、読み手を引きつけて止みません。手に汗握りながら読みました。そして出てくる登場人物たちのキャラがもうみなとても魅力的。全然薄っぺらくなくて、それぞれがそれぞれに生き生きとしていて、いや、もう生き生きとかそんなことじゃなくて、まさに「生きて」いて。そこにある深い思いが…なんかそれだけでもう参りました!と思いました。

文庫化されているのはまだこの一冊だけですけど、単行本としてすでにシリーズが完結しています。これからぜひ読もうと思います。絶対読みます。

「守り人シリーズ」リスト
・精霊の守り人
・闇の守り人
・夢の守り人
・虚空の旅人(外伝)
・神の守り人 来訪編
・神の守り人 帰還編
・蒼路の旅人
・天と地の守り人 第一部 ロタ王国編
・天と地の守り人 第二部 カンバル王国編
・天と地の守り人 第三部 新ヨゴ皇国編

ところでバルサは三十歳。「おばさん」とか「中年」とか書かれてるんですけど…え?そうなの?三十歳ってそうなの?(涙)。…まぁこんなにかっこよくて大活躍だからいっか…。(じゃぁこんなにかっこよくもなく活躍もしない私は…?きゃー!)
| あ行(上橋菜穂子) | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
八方美人男さんに薦められ、二冊まで読んだのですが、そのあと止まっています。たぶん、単行本のイラストにどうにも違和感を覚えるからだと思うのですが・・。
一冊目から入り込めましたか?ぼくは二冊目は、結構よかったと思うのですが、どうにも一冊目はうまく入り込めませんでした。そうかぁ、ちえこあも30歳かぁ・・しみじみ。
| すの | 2007/04/05 1:17 AM |
一冊目からというか、まだ一冊目しか読んでいないので…。二冊目以降は児童書で読むことに(現状)なりますけど、楽しみです。
| chiekoa | 2007/04/05 12:36 PM |
安心して下さい笑バルサの世界の三十歳は四十ぐらいだと思います!
明日からBSでアニメが始まるので時間があれば見てみては?
上橋さんも納得のバルサですから!
あの時代設定ではおそらく人生五十年の世界なんでしょうね。
しかし他の作品でも言えることですが上橋さんの描く世界には
風が感じられますね。やっぱり本人が文化人類学者で先住民達
とすごしたりしているからなんでしょうか?
リアリティーがあるファンタジーは本物のエンターテインメント
ですよね!星の王子様とかにもいえますが児童書には時折人間が
生きていくうえで大切にしなきゃいけない真理みたいなものが
描かれているように思います。
いい作品はいい!ですよね。
| pillows | 2007/04/06 10:47 PM |
pillowさん、なるほど!なるほど!なるほど!
非常に納得のゆく説明、ありがとうございます!
あ〜、よかった(笑)。

アニメは見たかったのですが、貧乏暮らしのテレビに
BSのアンテナは接続されておらず…(涙)。
いつか地上波に落ちてきてくれることを祈っております。
(その前にDVDとかになっちゃうんでしょうか?)

「大切にしなきゃいけない真理」わかります。
そういうのを忘れかけてる今だからこそ、
読んでこんなに響くのかなぁとも思ったり…。
シリーズまだまだ先を読みます!!
| chiekoa | 2007/04/08 10:45 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「精霊の守り人」上橋菜穂子
「精霊の守り人」上橋菜穂子(1996)☆☆☆★★ ※[913]、国内、小説、冒険小説、ヒロイック・ファンタジー、児童文学 ネットの本読み人仲間八方美人男さんオススメの上橋菜穂子。丁度、ネットのコミュニティでも話題になっていた守り人シリーズの第一作の本書を図
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/04/05 1:00 AM |
「精霊の守り人」上橋菜穂子
精霊の守り人上橋 菜穂子、二木 真希子 他 (1996/07)偕成社 この商品の詳細を見る 短槍の使いの用心棒バルサは、偶然に新ヨゴ皇国の皇子チャグムの命を救う。 そこでチャグムの母の二ノ后から、チャグムを帝の暗殺から守っ
| しんちゃんの買い物帳 | 2007/04/11 8:56 AM |
『精霊の守り人』上橋菜穂子著
本当に良かったです! 『精霊の守り人』上橋菜穂子著 精霊の守り人偕成社このアイテムの詳細を見る このところ、児童書が人気ですね。 それに便乗している感じで、 私もこの4月は、児童書を連続で読んでいます。 本当は、にいにが楽しんでくれたらなぁ。 なんて、
| バンザイ | 2007/04/23 8:17 AM |
「精霊の守り人」上橋菜穂子
精霊の守り人発売元: 新潮社価格: ¥ 580発売日: 2007/03売上ランキング: 1511おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/07/21 女用心棒バルサは30歳。 橋を渡っていたらすれちがった新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムが 川に落ちてしまったので助けたのだが、そ
| 本を読む女。改訂版 | 2007/08/01 8:48 PM |