プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 陋巷に在り(4)徒の巻 [酒見賢一] | Top | 猫は殺しをかぎつける [リリアン・J・ブラウン] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
このベッドのうえ [野中柊]
4087748464このベッドのうえ
野中 柊
集英社 2007-02

波乱の予感をふくんだ風が、恋に酔った心を撫でていく…。甘くて苦く、晴れやかでいて後ろめたい、嬉しいようで怖くもある…恋がもたらすあらゆる感情をつぶさに描いた8つの物語。

「真夜中にそっと」「余音」「さざなみ」「このベッドのうえ」「マリーゴールド」「七面鳥を焼いて」「なんでもない感情」「春の嵐」が収録された短編集です。

案外さらりと読めて、なかなか好きな感じの物語たちでした。あっという間に読み終わりました。誰かを好きになって、好きでいる間の、ごく普通の気持ち。平穏なようでいて、でもそれだけではない、妙に不確かなあの気持ち。ドラマチックな出来事は特に起こりません。それだけに強い印象を残す!ということこそないですけれど、読み終えると目の前からすっと消えていくような、手のひらの上に落ちた雪がそのまま消えてしまうような、その感触は心地よいです。

ここに登場する人はみな、恋愛でそう悲しんだり苦労しているわけではなく、むしろ傍目にはどちらかというと幸せな部類に分類される人だちですが、でもそれだけじゃなくて…穏やかな日常の底に、どこかちょっとしんみりとした寂しさが漂っているような気がするのはなぜでしょうか。でも、そういうところも好きです。大好き!と声を大にしていうような気持ちとはちょっと違うけれど、好きです。

そしてこの短編たちは連作というわけではないのですが、この一冊を読むうちに、早春から春、夏、そしてぐるっと巡ってまた春へと、季節が移っていきます。そのあたりの描写なんかもとても鮮やかで、今は春だけれど、夏の日差しのまぶしさも、冬の冷たい空気の匂いも、今のことのように感じられる一冊でした。

あとがきにも書かれていますが、この物語の中には共通して「アルコールを口にする」シーンが登場します。私はそんなに飲めるほうではないけれども、こんな風にお酒を飲んでみたいな、とふと思ったりしました。そしてお酒に限らず、出てくる食べ物がみんなとってもおいしそうで、なんかいいなと思いました。誰かを好でいる気持ち、その幸せと、ご飯がお酒がおいしい気持ちは、そういえばちょっと似てるかな…。

個人的には「マリーゴールド」と「なんでもない感情」がお気に入りでした。
| な行(野中柊) | comments(4) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
言葉にはしづらい感情を、さまざまに描き出した短編集でしたね。
心が落ち着かない、不思議な余韻が残りました。
恋したときの不確かなあの気持ちを思い出させてくれるような…。
| 藍色 | 2007/04/09 3:52 AM |
藍色さん、そうですね!なんかこう、どうってことない感情なんだけど、でも確かにあるというか…。好きな感じでした。
| chiekoa | 2007/04/09 12:08 PM |
>手のひらの上に落ちた雪がそのまま消えてしまうような、
すごい!まさにその感覚です。
そしてふとした拍子に何かの物語の断片を思い出すんです。
そして悲しいことにその時には野中さんのこの本の中の話だって事はすっかり忘れちゃってるんです(涙)

私も「なんでもない感情」好きでした。
だけど、今強く思い出すのは夏の家にいる3人。
それぞれにサングラスをかけてベランダに座る3人です。
| なな | 2007/04/09 2:15 PM |
ななさん、あの三人の物語は…。
男性の名前がちょっと気になる名前だったのであまり冷静に読めませんでした(汗)。でもなんか、強烈な印象を残しますよね。あれを読んでいる間は、夏の光で目がまぶしい気がずっとしてました。
| chiekoa | 2007/04/09 5:23 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
嵐 - Love so sweet
嵐のメンバーの松本潤が出演するTBS系ドラマ『花より男子2』の主題歌に起用された応援ソング
| こんな音楽発見! | 2007/04/09 12:21 AM |
このベッドのうえ 野中柊
装丁は名久井直子。装画は下平晃道。「小説すばる」2005年2月号から2006年12月号まで不定期掲載の短編集。 ・真夜中にそっと/柘榴の果実酒。 寝る前に気づいた雪を崇に伝える私:絢子の仕事はオーダーメイドの洋服
| 粋な提案 | 2007/04/09 3:52 AM |
「このベッドのうえ」野中柊
このベッドのうえ 野中 柊 春から始まり次の春まで。季節を巡る8つの恋愛短編。 恋人がいて、昔の彼を思い出だす。姉の恋人だった人に感じる兄弟のような親近感。姉の友達だった人に寄せる淡い気持ち。出てくる人たちはみんな誰かに対する「恋しい」気持ちを持
| ナナメモ | 2007/04/09 2:15 PM |
野中柊「草原の輝き」(@T
 傷付くことと傷つけること。このふたつの行為は別個に存在して対立しているのではなく、傷付くことが同時に人を傷つけることであったり、逆に傷つけることが同時に傷付くことでもある。野中柊の「草原の輝き」(角川文庫、2007
| 買った本読んだ本 | 2007/04/17 10:49 PM |