プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 陋巷に在り(5)妨の巻 [酒見賢一] | Top | 猫はブラームスを演奏する [リリアン・J・ブラウン] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
風姿恋伝 [唯川恵]
4093423725風姿恋伝
唯川 恵
小学館 2007-02-24

揺れる30代をハッピーに導くエッセイ。変わりたいけど、今更遅すぎ?私の人生、本当にこれでよかったの?…仕事や恋だけじゃなく、結婚、出産、将来の不安など、様々な悩みを抱える30代女性に、「悩んでいるのは私だけじゃない!」と元気を与えてくれる!ファッション誌『Domani』の人気連載を単行本化。

揺れる30代なので読んでみました。

「がんばって!」ってがんがん分かりやすく励ましてくれるようなそんな本ではありません。安易に「大丈夫だよ!」とも言いません。「そんな悩みたいしたことないよ!」って笑い飛ばしたりもしません。でも、もっと身近にいて、ただ話を聞いてくれて、うん、そうだよね、わかるよって言ってくれる大事な女友達のような、そんな距離の本でした。今の私にとってはその距離感がちょうどよかったかな…。「がんばれがんばれ」って言われても「もうがんばってるよ!」って思っちゃうし、だからと言って悟ったみたなこと言われても反発したくなる、ちょっと疲れた私には、うん。

このエッセイは、きっと根っこのところに「唯川さんご自身が通ってきた道」があるから、その言葉に嘘がないというか、重みがあるというか、共感するとかしないとかそういうこと以前に、なんかきっちりした「説得力」があります。嘘偽りがない感じがします。それがうれしい内容であれ、悲しい内容であれ、あぁそういうものなんだなぁと素直に思えます。

「そうなのかなぁ?」って思ったり、「あぁそうだなぁ」って思ったり。読んでる間にいろんなことを考えました。何もかもが私にぴったり、全てにうんうんうなずける!ってわけじゃなかったけれど、でもなんか少し肩の力が抜けたかな…。とりあえず、ありがとうございました。
| や行(唯川恵) | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
風姿恋伝/唯川恵
出版社/著者からの内容紹介 揺れる30代をハッピーに導くエッセイ 作家・唯川恵さんが綴る、30代をハッピーに導くエッセイ。 変わりたいけど、今更遅すぎ?私の人生、本当にこれでよかったの? ……仕事や恋だけじゃなく、結婚、出産、将来の不安など、 様々
| 女子大生naliceのタイムリミット | 2007/04/21 5:49 AM |