プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< 青空の卵 [坂木司] | Top |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
闇の守り人 [上橋菜穂子]
4035402109闇の守り人
上橋 菜穂子 二木 真希子
偕成社 1999-01

思うところがあって、久しぶりに生まれ故郷のカンバル王国に戻った女用心棒のバルサ。それまで暮らしていた新ヨゴ皇国からカンバル王国につづく真っ暗な洞窟の中で、彼女が出会ったものは…。

精霊の守り人』に続く、守り人シリーズ第二弾です。前作とは違うまったく新しい舞台、そして登場人物。それでも相変わらずここで語られる世界は見事です。ただ一作目の世界を膨らませただけじゃなくて、ほんとうにまったく新しい世界。そこで人はまさに「生きて」います。そんなふうなので、シリーズの二作目ですが、これだけ単品で読んでも十分に楽しめる一冊になっています。すごいです。

今回の舞台はカンバル王国。忘れようとしてきた古傷「故郷」と正面から向かい合おうと思って戻ってきたバルサですが、その途中でヒョイル(闇の守り人)に襲われていたカッサたち兄妹を助けたことをきっかけに、思わぬ陰謀に巻き込まれて行きます。そしてその陰謀にまつわる話の中で、ジグロがその故郷でどんな汚名を着せられていたのかもバルサは知ることになります。圧倒的な権力を握る相手から、バルサはこの国を守ることができるのか。そしてジグロの汚名をそぐことができるのか。

私はここまで読んで大変偉そうにも「あ、この先のストーリーは読めたな」と思ったのですが、全然違いました。ほんとうにすいませんでした。私なんかの想像をはるかに超えたところに、この物語は広がっていました。物語も、そして人々の思いも、そんな私が安易に想像したものなんかより、もっともっと、ずっとずっと広く深いものでした。人間が、生きていく上で起こる、どうしても避けられない様々な出来事。それを背負って生きる人々の、その痛みが、声にならない心の叫びが、聞こえてくるような気がしました。読んでいて胸が締め付けられました。

そしてこの物語は、バルサの物語でもあり、カッサの物語でもあります。あらかじめ決められた人生、ただあきらめて与えられたものをそのままに生きていくだけの人生。そんなんじゃなくて、自分の力で人生は切り開いていくことができるのだということ。少し見方を変えれば、素晴らしい世界が自分の目の前には広がっているのだということ。そんなことに気づくカッサの成長物語としても、すごく清々しい物語でした。

この物語の事件が終わっても、バルサの人生はこれから先も続いて行きます。彼女の背負った荷物がなくなったわけではなく、それはきっと一生変わりません。それでも、どうか、どうか少しでもその荷物が軽くなりますように、闇の中に一筋でも光を見つけることができますようにと、祈って止みません。強い強いバルサ。「運命」なんて言葉を蹴っ飛ばして歩いていく、こんなにかっこいい彼女に対して、こんな心配をするのもおかしな話なのかもしれませんが…。

「闇」は人の心の中にあります。人は、それと共に生きなければいけません。そこから逃げることはできません。そして、それと向き合うことができるのは、自分だけ。乗り越えることができるのも、自分だけ。誰かを恨んでも、怒りを覚えても、でも、いつかそこを突き抜けた向こう側へ―。そんなことを思う一冊でした。
| あ行(上橋菜穂子) | comments(4) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
こんにちは。ご無沙汰しております。
第二弾も読まれたんですね!
実は、私もこのシリーズを読もうと思っていながら
未だ読めず。
先日ようやく、図書館から『精霊の守り人』を
借りてきました。が、置いてあるだけですが。
やっぱり面白そうなので、早く取り掛かります!
| percy | 2007/04/14 4:54 PM |
「精霊の守り人」に比べるて、個人的にはかなり買えた作品でした。それを自分ではレビューで「運命は、自分で選び、勝ち取ること。」と書いてみました。やはり自らの力で成長することがファンタジーの、いや物語の楽しみだなと思うのです。
| すの | 2007/04/14 10:23 PM |
休み中に読んだ「できる人の『書き方』『話し方』」(ソフトバンク新書)は結構イケマした。
|  ろんろん | 2007/05/07 5:54 AM |

ちょっと聞いてよ押
こないだのオッサン、マジ半端ないんだけど。ヮラ
http://1pimz5a.x.ex-summer.net/1pimz5a/
| カナ | 2011/08/27 3:00 AM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「闇の守り人」上橋菜穂子
「闇の守り人」上橋菜穂子(1999)☆☆☆☆★ ※[913]、国内、ファンタジー、児童文学、冒険小説、女用心棒バルサ、守り人シリーズ 運命は、自分で選び、勝ち取ること。 陰謀に巻き込まれた幼いバルサの命を守るため、バルサを連れ故郷を捨てた、今は亡き養父ジ
| 図書館で本を借りよう!〜小説・物語〜 | 2007/04/14 10:18 PM |
「闇の守り人」上橋菜穂子
闇の守り人 (新潮文庫 う 18-3)発売元: 新潮社価格: ¥ 620発売日: 2007/06売上ランキング: 351おすすめ度 posted with Socialtunes at 2007/09/16 新ヨゴ皇国で皇子を守った女用心棒のバルサ、一段落ついたところで 故郷のカンバル王国に帰ることに。以前、バルサ
| 本を読む女。改訂版 | 2007/09/20 10:06 PM |