プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< チルドレン [伊坂幸太郎] | Top | ドミノ [恩田陸] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
いま、会いにゆきます [市川拓司]
409386117Xいま、会いにゆきます
市川 拓司
小学館 2003-03

そのときは彼によろしく』がとてもよかったので、今まで避け続けて来たのですがやっと読みました。

きっと泣かされる!と思って読み始め、身構えていたのに、やっぱり泣かされてしまいました。(普段身構えて読むと肩すかしで泣けないんですけど。)
ストーリーはとてもシンプルで、先も読めていたはずで、思ったとおりに物語りは進んでいったのに、最後にちょっとしたびっくりが待っていました。そうだったんだ!

この人の書く小説の雰囲気というか、全体を流れるトーンがとても好きです。登場人物もみなすてきです。ちょっととぼけたような、世間からはみ出してしまったような、でも一生懸命に生きている人たち。絵のような光景です。映画化されていて、それはまだ見ていないのですが、見て見たいなとおもいました。(がっくりきたらどうしよう…。)

ちなみに、これを読んでから『そのときは彼によろしく』を読むべきだったなと思いました。だって、「ヒュゥーイック!」。そうですよね?

私も、こんなふうに誰かを愛したい、と、思いました…(テレ)。
| あ行(市川拓司) | comments(9) | trackbacks(4) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
初めまして、こんにちは。
この本かなり思い入れがあります。
まだ有名になっていない時に読んだので、号泣してしまいました。
大好きな本なので、映画になると知った時はかなり不満だったんですが、それがもうばっちり雰囲気があの世界感にマッチしてるんです。
是非見てくださいね(もう見られたかな?
ドラマもやってますが、設定とかかなり違うので。

MyblogListに登録させていただきましたv
| 琉歌 | 2005/08/03 10:55 AM |
琉歌さん、はじめまして!
映画はまだ見てません〜。
レンタル屋さんでも人気があってなかなか借りられなくて。
ドラマは…ちょっと見ましたが、いきなり無理があったので
(あんなに若いわけない!)それ以来見てません(笑)。

こちらこそ、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!
| chiekoa | 2005/08/03 11:41 AM |
タイピングが遅いのに、またコメントします。
きっと許してもらえるでしょう(誰に?)。
「いま、会いにゆきます」をTBします。
映画の話ですが原作を踏まえてなので許していただけるのでは、と(ふとどきなやつ、汗)。
この本、知名度は高いのにレスが少ないですね、不思議。
ちなみに私の04年のベスト3です。
市川拓司は「セパレーション」(まだネットで書いてた頃の作品集。「夜回り先生」でメジャーになったサンクチュアリ出版から出てたと思います)から始まって、「弘海」まではハートウォーミングな作風で好きだったのですが(発表順に読んだのでヒュゥーイックの変遷もばっちり!?)、その後の「世界中が雨だったら」でホラー風味(ネタバレ?)になってしまったので、好きな作家ランクが下がってしまいました。
ずっと同じテイストでクオリティを上げていくのは難しいとは思いますけど。あのジャンルだと、鈴木光司や乙一がいるのでちょっと(新堂冬樹はデビュー作のタイトルを知ってると、むしろ今の恋愛路線にびっくり!なぜか動物ものを書いてたりもします)。

コメント書きまくりOKです。
パワー全開でご遠慮なくどうぞ。
まだTBできてないので、できれば私の記事のページにカキコミいただけると、なおうれしいです。
私も言いたがりなのですが、いかんせんタイピングが。つらいっす。
あ、URL入れ忘れされてましたよ、お忘れなく。
これからも訪問・コメント・TBお気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2006/04/18 3:40 PM |
すいません、書き忘れです。
“もちろん、トラバもどうぞ”。
失礼しました。
| 藍色 | 2006/04/18 3:57 PM |
レスが少ないのは…話題からだいぶ乗り遅れてから読んだからでしょう(笑)。順番どおり読まれてるんですね、いいなぁ!私ももう一度ちゃんと読もう…。

新堂冬樹さんもちょくちょく読んでますが、たまに度肝を抜かれます(笑)。だって『忘れ雪』からしか知らなかったんですもん〜!ちゃんと初期から知ってる方には意外でもなんでもないみたいですね、むしろそっちが普通、みたいな。いや〜、おどろきました。
| chiekoa | 2006/04/18 4:25 PM |
“話題からだいぶ乗り遅れてから読んだからでしょう(笑)。”
あ!そうだったんですね、ご指摘ありがとうございます。
途中で息切れしちゃいけないと、準備に手間取りすぎたようです(涙)。
ということはそんな古い話に付き合って、わざわざ膨大な記事の中から探してTB返ししてくださるchiekoaさんの、細やかな配慮に今さらながら気がついて…頭が下がります(汗)。
昨日分の「天使のナイフ」、ご挨拶コメントをつけて何人かにTBしたところ、TB返ししていただけました。
やっぱりこれがネチケットだったみたいですね。
するとコメントなしでTB返ししてくださったchiekoaさんの心遣いに、また今さらながら気がついて…(汗汗)。
感謝しつつ、「魔王」「容疑者Xの献身」に続き「女王様と私」をTBさせていただきます。
TB返しお待ちしています。
追記:TBは、多すぎると飛んでしまうようです。
| 藍色 | 2006/04/20 5:40 PM |
いえいえいえいえっ!
そんなに恐縮していただくようなモノではゴザイマセンので…!

この前テレビでやったばっかりですし、タイムリーですよ♪
それにほんとうに大好きな本なので、いつでもいくらでも語れますっ!
| chiekoa | 2006/04/20 6:23 PM |
 こんばんは♪
 TBさせていただきますので、
 よろしくお願いします。

 私も身構えていたのに泣かされました(笑)

 「そのときは彼によろしく」、chiekoaさんの記事を読んでいたら
 読みたくなりました。
 今度読んでみます♪
| miyukichi | 2007/01/09 9:26 PM |
miyukichiさん、ぜひぜひ♪読んでみてください♪
犬が好きだとさらにたまらないかも…?!
映画も、よかったら見てみてくださいね!
| chiekoa | 2007/01/10 4:45 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
「いま、会いにゆきます」
ネット上でレビューを参考にして購入した恋愛小説です。 『29歳の1児の父親である巧。15歳の時澪とクラスメイトとして出会い、真面目な2人のペースでゆっくりと距離を縮めて、時には巧の身体の不具合からわざと澪を遠ざけ、2人の距離が離れてしまう事もあった
| BOOKCASE | 2005/08/03 10:46 AM |
いま、会いにゆきます・放映
市川拓司の小説を2004年映画化、06年4月16日テレビ(地上波?)初放送、を見ました。 病気で一年前に亡くなった最愛の妻、澪が夫の巧と六歳の息子の目の前に現われます。
| 粋な提案 | 2006/04/20 5:43 PM |
市川拓司『いま、会いにゆきます』
市川拓司『いま、会いにゆきます』(小学館、200303) 素朴で繊細で透明な、雨の糸のようなお話でした。 巧と佑司は、二人で暮らす父と子です。 佑司は小学校に上がった年、巧は29歳です。 お母さんで妻の澪は、去年病気で死んじゃいました。 でも、「雨の季節になっ
| uc-road:blog | 2006/05/23 2:05 PM |
いま、会いにゆきます
 市川拓司:著 『いま、会いにゆきます』    雨の季節、1年前に亡くなった妻の澪が、  ぼくと息子・佑司の前に現れて――。  昨年後半、ワイドショーetc.をお騒がせしていた  獅童&結子コンビによるヒット映画の、原作です。{/face_hohoemi/}  (映画は未見
| miyukichin’mu*me*mo* | 2007/01/09 9:24 PM |