プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
<< いま、会いにゆきます [市川拓司] | Top | 高く遠く空へ歌ううた Pulp‐town fiction [小路幸也] >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
ドミノ [恩田陸]
4048733028ドミノ
恩田 陸
角川書店 2001-07-27

ある夏の日、舞台は東京駅周辺。今日の締切りまでに契約を成立させ営業成績を達成すべく殺気立つ保険会社の社員たち、俳句仲間とのオフ会のため生まれて初めて上京した老人、ミュージカルのオーディションを受ける母子、ミステリー同好会の幹事長のポストをめぐって争う学生たち、つきあっていた女性に別れ話を切り出すためいとこの女性に協力を頼む青年実業家、来日中のホラー映画の監督とそのペット(?)ダリオ、そして爆弾魔のグループの男たち…。お互いにまったく面識も関係もなかった彼らが、偶然入れ替わった二つの紙袋を軸に、事件に巻き込まれて行きます。

ある出来事が、また違った出来事を生み、それがまた思いもしなかった新たな出来事を引き起こす、その情景はまさに「ドミノ倒し」のごとくです。おもしろい!!ストーリーがおもしろいのはもちろんのこと、ちりばめられた小ネタがまた最高におもしろいのです。途中で何度ふきだしたことか!グイグイひきこまれて、一気に読んでしまいました。

恩田さんというのはほんとにいろんな作風をもった作家さんなんだなぁ…。脱帽です。

この本では、本編の前に「登場人物たちから一言」というページがあるのですが、これもまたおもしろいです。読み終わってからここを読むと、おもしろさもまた格別です!個人的には俊策おじいちゃんが一番好き…。
| あ行(恩田陸) | comments(10) | trackbacks(10) |
スポンサーサイト
| - | - | - |
コメント
シリウスです。こんばんは。
いや〜,面白かったですねぇ〜。
今日BOOF OFFで,他の作品を見てたんですけど,これは異色みたいですね。私の苦手なホラー系が多いみたいだけど,それでも他の作品を読んでみたいと思わせてくれました。
う〜む,恩田陸やるなっ!
| シリウス | 2005/10/30 2:12 AM |
異色…というか、恩田さんはもうほんとにいろんなジャンルの作品を書かれる方だと思います。すごいですよね〜。読んでも読んでも計り知れません。ほんと、やられっぱなしですよ!
| chiekoa | 2005/10/31 12:03 PM |
ドミノ。まだあまり沢山恩田さんの本は読んでないですが、夜のピクニックの次に好きです。
自分、通勤時間が読書時間なのですが、最寄り駅について途中でしおりを挟んで…というのをせずにいっきに読みたい本ですよね!

ところで…自分のしょぼブログ、ぶっかにっきに
なぜかブログ村のブログの輪がまわってきました。
で、次のブログの輪を回す先を推薦をすることになりまして、恐れ多くもchiekoaさんのところを紹介させていただきました。
後からの連絡で申し訳ないですがブログの輪、よろしくお願いします。
| ぶっか | 2005/12/01 12:00 AM |
私も一気読みしましたよ!気になっちゃって本を置けませんでした。
置いたら登場人物がごっちゃになりそうでしたし…(笑)。

ブログの輪の件、ありがとうございました!
こんな私のところを紹介していただいて光栄です!
えへ。うれしいです!
| chiekoa | 2005/12/01 11:37 AM |
ちえこあさん
こんにちは。TBさせていただきました。恩田さん本としては異色なのだと思いますが、なんだかとっても好きな本でした。ちえこあさんの好きな俊策を助けた、田上優子がすきでした!!
| やぎっちょ | 2006/07/04 5:48 PM |
もうおじいちゃんのことが気になって気になって。助けてくれてほんとうにありがとう!って思いましたよ(笑)。恩田さんの引き出しは無限ですね。すばらしい!
| chiekoa | 2006/07/06 12:44 PM |
こんにちは。
ドミノ昨日読了しました。
実は期待せずに読んだからか
予想以上におもしろかったです。
お気に入りの1冊になりそうです。
ところでブログリンクしても
いいでしょうか?(o(^-^)o)
| ゆうちゃん♪ | 2006/11/08 12:17 PM |
ゆうちゃん♪さん、こんにちは!
おもしろいですよねぇ、まさにドミノ!畳み掛けるようにつながっていく感じがとても好きです。
ブログリンク!よろしければぜひぜひ。ありがとうございます!
| chiekoa | 2006/11/08 12:37 PM |
着々と恩田作品を読みあさっています(笑)この本を読んで思ったのは、この人、「何でもありだな」でした。本当に何でも書くんですね。そして面白い。
とにかく面白くて、一体どうやって収束していくんだろうと考えながらぐいぐい引き込まれていきました。最後の部分にもやられてしまいました。郵便ポスト・・・。
| ツヨシ | 2007/03/19 5:47 PM |
ツヨシさん、まぁ、なんてすばらしい(笑)。
この作品はほんと面白くて一気読みですよね!よく「恩田さんの本はラストが…」って方多い(昔は私もそうでしたが)ですけど、これはそういう方にも自信を持ってオススメです。
| chiekoa | 2007/03/20 12:28 PM |
コメントする








on
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。
この記事のトラックバックURL
 
トラックバック
恩田 陸の「ドミノ」読了
ドミノ 恩田 陸 著 「ドミノ」 ★★★★★ 一億円の契約書を待つ,締切直前のオフィス。オーディション中,下剤を盛られた子役の少女。推理力を競い合う大学生。別れを画策する青年実業家。待ち合わせ場所に行き着けない老人。老人の句会仲間の警察OBたち。真
| Grave of memory | 2005/10/30 2:11 AM |
「ドミノ 」恩田陸/著
恩田 陸 ドミノ 「ドミノ? 」 恩田陸・著 オモシロかった、楽しかった。 すべてがつながった時のカイカン。 今年観た映画の中で、ぶっちぎりで一番好きな作品 (良し悪しではない) 「サマータイムマシン・ブルース」 シナリオ本「サマータイムマシン
| わたしの見た(モノ) | 2005/11/05 10:28 PM |
「ドミノ」
恩田陸さんの「ドミノ」を読みました。 角川文庫夏の100冊フェア対象の本です。 (ちなみに角川の100冊フェアは文庫カバー、新潮文庫の100冊フェアはブックチャームです。沢山読んでどっちもゲットゲット!) 内容は、一行で書こうとすると・・・ "東京駅を舞台にほ
| ぶっかにっき | 2005/11/30 11:39 PM |
ドミノ 恩田陸
ドミノ ■やぎっちょコメント 文句なしに面白かったです!!最後の方になってやっとドミノという意味なんだということがわかりました。。 普通の文庫本の長さなのに、(あとがきによると)27人もの人が出てくるのがすごいですね。最初の方はかなり混乱します。ま、最
| "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! | 2006/07/04 5:34 PM |
「ドミノ」恩田陸
ドミノ発売元: 角川書店価格: ¥ 580発売日: 2004/01売上ランキング: 43539posted with Socialtunes at 2006/08/15 これ、積読リストに挙げたらたくさんの方にオススメいただきました。 ですよねえ、恩田さんですもの面白くないわけがない、んですけど、 恩田さん
| 本を読む女。改訂版 | 2006/08/15 11:42 PM |
恩田陸【ドミノ】
恩田さんは作家になる前、たしか保険会社に勤めておられたのではなかったかな? エッセイ【小説以外】に書いてあったような気がするけど。私の記憶が間違っていたらごめんなさいね。 なぜそんな話をするかというと、この
| ぱんどら日記 | 2006/09/25 4:45 PM |
「ドミノ」恩田陸
ドミノ 恩田 陸〔著〕 角川書店 (2004.1) ISBN : 4043710011 価格 : ¥580 話が始まる前の登場人物紹介で、27人+1匹 この大量の人物が約10グループに分かれて、それぞれに話は進み、 少しずつリンクし、一つの場所に集まってくる
| 思考停止する、その前に・・・。 | 2006/10/16 1:58 AM |
『ドミノ』恩田陸
ドミノ恩田 陸 (2001/07/27)角川書店この商品の詳細を見る 本作は、2つの紙袋が偶然入れ違うという小さなできごとが、 まさにドミノ倒しのごとく、しだいに大事件へと 膨れあがっていく様子をコミカルに描いた スラ
| まろ茶らいふる | 2006/11/08 12:01 PM |
ドミノ - 恩田陸
恩田陸著「ドミノ」。。。誰もが一度はドミノ倒しのドミノをやった事があると思います。立てている途中で何かの拍子で今立てていたすぐ傍からドミノが倒れてしまった経験も(笑)
| 脳内TraP | 2006/12/29 12:16 AM |
恩田陸『ドミノ』
ドミノ (角川文庫)恩田 陸角川書店このアイテムの詳細を見る 今回は、恩田陸『ドミノ』を紹介します。主要な登場人物は27人と1匹。とらやの紙袋の入れ違いから、真夏の東京駅でこれらの人物が互いに絡みあって、ドミノみたいに崩れ去るドタバタ喜劇。何か心に残るもの
| itchy1976の日記 | 2009/11/09 10:13 PM |