プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |
手紙 [東野圭吾]
4620106674手紙
東野 圭吾
毎日新聞社 2003-03

両親をなくし、兄弟二人だけで生きてきた剛志と直貴の兄弟。弟を大学に入れてやりたいという一心から、兄、剛志は金を盗もうとし、さらにそのはずみで人を殺してしまいます。強盗殺人犯として服役することになった剛志。進学、恋人、就職と、普通の人ならあたりまえのように手に入れていく人生の幸福すべてが「強盗殺人犯の弟」というレッテルによって奪われていく直貴。剛志は毎月直貴のもとへ獄中から手紙を送りますが、やがて…。

読んでいて、ものすごく苦しい小説でした。読みながら、何度も「これ以上ひどい目にあいませんように」と祈りました。これでもか、これでもか、というくらい、直貴の手をすりぬけていく幸福たち。自分が何かをしたわけではない、兄が犯した罪によって、どうしてこんなに苦しまなければいけないのか、こんな目にあわなければいけないのか。懸命に生きようとしつつ、徐々に「諦め」を覚えていく直樹の姿が苦しくて、苦しくて、たまりませんでした。

でも、なによりつらいのは、苦しいのは、「自分もこの直樹の周りにいる人たちときっと同じだ」ということです。直樹を差別する人たちと、自分はきっと同じなのです。「私はそうじゃない!」と言えるだろうか?そして、そうじゃない、と言わなければいけないのだろうか?そんなことを、読んでいる間も、読み終わってからも、ぐるぐる考えました。

登場人物の一人である直樹の勤務先の社長は、こう言います。

「犯罪者の家族が世間から差別されるのは当然だ。むしろそれは必要なことで、大事なことはそこから人の繋がりをいかに築き上げていくかだ。」

そして、こうも言います。

「逃げずに正直に生きていれば、差別されながらも道は開けてくる。すばらしい考え方だが、それは甘えだ。」「すべてをさらけだし、周りから受け入れてもらったとして、付き合っていく中で心理的負担が大きいのはどちらだと思うかね?」と。

「何が正しいかなんて、正解はない。答えなんてない。何をどう選択するのか、だ。大事なのはそれを自分で選ぶことだ。」

私は、もしそのときがきたら、どう選ぶのかな…。難しい。ものすごく難しいです。まだ、考えている途中です。

ラストも、衝撃的でした。
| は行(東野圭吾) | comments(5) | trackbacks(16) |
卒業―雪月花殺人ゲーム [東野圭吾]
4061844407卒業―雪月花殺人ゲーム
東野 圭吾
講談社 1989-05

高校時代からの仲間たち7人組。卒業を控えた大学4年の秋、その中の一人、祥子がアパートの自室で謎の死をとげます。自殺なのか、他殺なのか。真相をつきつめようと残された仲間たちは推理をくりひろげます。そんな中、さらにもうひとつの事件が起こって…。

読み終わって第一に思ったことは、なんだか時代が古い感じがしてしまって、あんまり感情移入できなかったなぁ、ということ。(おそらく本の表紙の絵の影響大。)

事件の謎をとくトリックも、丁寧に絵つきで説明されているのですが、それを見ても読んでも、あぁそうですか、という感じで、小難しすぎて理解できませんでした。こんなこと思いつく人ほんとにいるのでしょうか…。

でも、この「加賀」さんて…、もしかしてのちの「加賀刑事」さん??
| は行(東野圭吾) | comments(0) | trackbacks(0) |
トキオ [東野圭吾]
4062113279トキオ
東野 圭吾
講談社 2002-07

病院のベットの上で、今まさにその生涯を終えようとしている少年、時夫。それを見守る父、拓実は、そばにいる妻に語り始めます。「自分は昔、時夫と会ったことがあるんだ」と…。

定職につくこともなく、すべてをまわりのせいにして生きているような、そんな生活をしていた拓実。そこに突如あらわれた少年は「トキオ」と名乗ります。自分のことをやたらとよく知っている「トキオ」に対し、最初はとまどう拓実でしたが、なぜか突き放せないものを感じていました。そんなとき、拓実のガールフレンドが行方不明になります。何か事件にまきこまれたらしいガールフレンドを救うため、そして、自らの出生の秘密を知るため、トキオと拓実は行動を開始します。

うーん。東野さんの小説はほんとうにバラエティーに富んでいるというか。これはファンタジー?というのでしょうか。題名からはまったく想像できないストーリーでした。いい意味で裏切られたというか。設定こそファンタジーですが、中身は全然「ファンタジー」ではありません。トキオが「自分が未来から来た息子だ」っていつ言うのかしら、言ったら拓実は信じてくれるのかしら。でもそんなこと急に言われても困るよね…。信じてくれなかったらどうしよう。などと勝手に心配しつつ、どきどきして、もっと早く先が読みたくなって、一気に読んでしまいました。今まで東野さんの作品では『片思い』がダントツで好きで、次が『秘密』だったのですが、この『トキオ』も同じくらい大好きになりました。

ストーリーがおもしろいだけではなく、親が子を想う気持ち、子が親を想う気持ち、人が人を想う気持ち。そんなものがとても切なく心にせまってきます。

最後は涙、涙ですが、それでも明るい気持ちにさせてくれる物語でした。 切ないけれど、悲しくはないのです。

「花やしき」に行かねば…!
| は行(東野圭吾) | comments(2) | trackbacks(0) |
レイクサイド [東野圭吾]
4408534137レイクサイド
東野 圭吾
実業之日本社 2002-03-16

子どもの中学受験の「勉強合宿」のため湖畔の別荘に集まった4つの家族。そこで「殺人事件」が起こります。殺されたのはそこに参加していた男の愛人。「私が殺した」と言ったのはその妻。この殺人事件の真相は…。

読んでいる間、ずっと「これは違う」「何かおかしい」「何かあるに違いない」とは思っていたのですが(←別にするどいとかいうわけではなく誰でもそう思うと思いますが…)、え!そういうこと?!と…。

私には子どもがいないので、この小説の背景になっている「お受験」というものの重大さがわかりません。その切実さも、怖さも、想像することしかできません。基本的には「受験なんてしなくていいじゃないか」と思っていますが、実際にその立場、親の立場に立ってみないと、ほんとうのところはわからないのだと思います。

そして、実際にその立場に立っている人たちが、この小説をどう読むのか、ちょっと聞いてみたい気がしました。

これは、ハッピーエンド、ですか?
私には悲しすぎます…。
| は行(東野圭吾) | comments(2) | trackbacks(3) |
白夜行 [東野圭吾]
4087474399白夜行
東野 圭吾
集英社 2002-05

本来これの姉妹編?であるべき『幻夜』を先に読んでしまっていたので、そのとき感じたほどの衝撃(すごかった!)はありませんでしたが、やっぱり怖かったです。

やだー、こんな女って…。

自分が巻き込まれたらと思うとたまりません。想像するだけでも恐ろしいです。

幻夜』では主人公の女と男の視点からストーリーが語られる部分が多かったので、怖いけれど内容は明確だったのですが、このお話では、同じように女と男が主人公にもかかわらず、彼らの視点で語られる話はまったくありません。それだけに何が本当なのか、わからないという点で、より恐ろしさがUPしていました。というか、これだけの厚さの本で、心理描写いっさいなしで、ここまで書けるなんて…すごすぎます。

ところで、『白夜行』と『幻夜』の関係って…?あれ?
私の想像でいいのか悪いのか。
えーと、えーと、もう一度『幻夜』を読まなければ!

とりあえず、やっぱり子供には「雪穂」という名前は絶対つけたくないと思いました…。
| は行(東野圭吾) | comments(14) | trackbacks(16) |
幻夜 [東野圭吾]
4087746682幻夜
東野 圭吾
集英社 2004-01

誰か!!誰かあの女を!!!
天罰ってないんですか!!!

阪神大震災の直後、男と女が出会うところからストーリーが始まります。暗い過去を持つ男と女。

読み始めたときは、こういう展開になるとはまったく予想しませんでした。

入れ替わっているんだろうな、というのは途中からうすうす気づいてはいましたが、こういう結果になるとは…。救いがないのですが、どうしたらいいでしょうか、東野さん。

でも、ある意味ここまで極められたら、すごいのかもしれないと思いました。自分がこうなりたいとは決して、決して思いませんが。

いつか自分に女の子が生まれても、絶対この名前はつけないと心に誓いました。こわい…。
| は行(東野圭吾) | comments(9) | trackbacks(6) |
嘘をもうひとつだけ [東野圭吾]
4062100487嘘をもうひとつだけ
東野 圭吾
講談社 2000-04

長編小説かと思ったら、短編集でした。

完璧についたはずの「嘘」が、殺人に関する「嘘」が、だんだんにあばかれていく…。どの短編も犯人ははじめからわかっています。全編に共通して出てくる刑事さんがいるのですが、その人は基本的には脇役です。主人公は、殺人犯。そういう意味では「犯人探し」を楽しむミステリーではないです。(どんなトリックなのかな?という謎解きはありますが)。それでも、とても怖い。嘘がどんな風に人を追い詰めていくのか、そんな情景がとても怖い小説でした。

警察が来て、嘘がばれたとき、もう嘘をつかなくてよくなった犯人たちは、みんなホッとしているように感じました。やっぱり嘘はよくないな…。
| は行(東野圭吾) | comments(1) | trackbacks(0) |