プロフィール
chiekoa

呑まない日はあっても読まない日はない。というわけで、その日に読んだ本をできるだけ記録してみようという試みで始めました。コメントなど書いていただけるととてもよろこびます!
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
カテゴリー(作家さん別)
過去の読書日記
このサイト内を検索
OTHERS
  管理者ページ
  RSS1.0
  Atom0.3
私と本の思い出
小さい頃から本が大好きでした。

幼稚園の連絡帳には「ちえこちゃんはいつもお部屋で本ばかり読んでいてお外で遊びません」と書かれ、「この子友達がいないのかしら?」と親を心配させました。

小学生の頃には、学校の図書室で借りた本を家に帰るまで待てず、歩きながら読み始めて、見かねた近所のおばさんに「危ないわよ!」と怒られました。

中学生のときは図書委員をしていました。三年生のときは委員長もつとめました。一日に借りられる冊数は二冊。毎日二冊借りて、翌日二冊返してまた二冊借りるということを繰り返した結果、「年間図書室利用最優秀生徒」に三年連続で輝きました。(ちなみに貸し出し手続きも自分でするのでとても合理的でした。)

高校生になってアルバイトをはじめ、本がたくさん買えるようになりました。バイト先の近くの本屋さんの常連になり、本もマンガも買い放題買っていました。おかげで視力がさがり、メガネをかけるハメになりました。(途中でコンタクトに替えましたけど。)

大学はうっかり理系に行ってしまいましたが、それでも本はずっと読んでいました。車の免許をとったので「大量買付け」も可能になり、古本屋さんで一冊五十円の本を百冊買い込んだりしました。

そして社会人になった今、ちょっぴり貧乏になってなかなか本が買えなくなりました。一人暮らしになったので、本を置くスペースもままなりません。それでも毎月のお給料日には「今月のごほうび」として、単行本を一冊買うことを自分に許しました。そんなわたしですが、図書館というすばらしい施設のおかげで毎日楽しく本を読み暮らしています。

そしてブログで読書日記をつけるようになったのをきっかけに、いろいろな方と情報を交換するようになり、読書の幅がとても広がりました。新しい、お気に入りの作家さんにもたくさん出会えました。とてもとても、感謝しています。

これからも、どうぞよろしくお願いいたします!

back
top